年金受給を前に働き方を模索する

こんにちは まる美です。

昨日、市が主催した『新しい働き方セミナー』を受講してきました。
当日凄い吹雪で、欠席しようかと迷ったほどでした。

帰路の途中、危うくタクシーと正面衝突!?となる処でした。
なんとか回避しましたが・・・
タクシードライバーが赤信号にもかかわらず進入してきたのです。
タクシードライバーは高齢の男性です。
自分が『信号無視』をしている事さえも気づいていないようです。
信号待ちしていたドライバーの方もびっくりの表情でした。
何事も無かったから良かったものの、私からしたら正面衝突ですから、恐怖そのものでした。

そんな体験をした一日。

色々な意味で『働く』ということを考えさせられました。

【はたらく・労働】

何故、人は『はたらく』のでしょう?

馬鹿な質問ですよね。

しかし、あなたが誰かにこの様に問われたら、あなたはどのように答えますか?

「働く事は人として当たり前」だからですか?

「生活の為には仕方がない」ですか?

それとも、「働かないとお金が貰えないでしょう」でしょうか?

小さい頃、大人の人にこの様に聞かれた覚えないですか?

○○ちゃんは、大きくなったら何になるの?」
○○ちゃんは、大きくなったらお嫁さんになる~」とか
○○ちゃんは、大きくなったらケーキ屋さんになるの~」。
だったかな。我々世代の時代は・・・

こんな小さな頃から刷り込み教育?英才教育?というか
大きくなったら何かになって働かなくてはならない。
ことを漠然と教えられていたように思います。

日本の社会では企業の定めた定年年齢とか、65歳からの年金受給を一つの区切りとして社会の第一線から退きます。

いつからこの様な制度はできたのでしょうか?

年金制度の始まり

年金受給・働き方

日本の年金 参照

● 1939年 船員保険法 (船員のみ)

● 1941年 改正 厚生年金保険と名称を変更
(船員以外の労働者)
農民・漁師・自営業者・無業者・5人未満の零細企業を除く

● 1959年 国民年金制度 (国民すべてが加入)

● 1961年 改正 国民皆年金体制
(異なる年金の加入期間に応じた通算年金を支給する仕組)

戦前の日本の状態は、農業中心から重化学工業へと発展の段階でした。

労働者が農村から都市に移り始め、労働者の健康と安定を求める運動やデモが起こり始めます。

この運動やデモに対処する為に健康保険法が成立。

医療保険だけでなく、年金保険も導入する事により、国は戦力・生産力を求める。

今の保険制度の基礎となるのは、1961年に改正された国民皆年金体制 という事になります。

今から58年前 戦後からは73年前でしょうか?

その後、時代に合わせて何度も改正は行われ現在に至っております。

では、その年金受給額は我々の生活に適応しているのでしようか?

年金だけで生活

年金受給・働き方

今の日本は、世界基準からみても豊かなのではないでしょうか?

何処に行っても食べるものは豊富にあり、インフラも整っていて、人は学も知識も有り、自由な思想も認められています。

家も車も財産も何不自由なく手にしている方もおられるでしょう。

それは全て【はたらく・労働】によって得られたものです。

では、現役を退いて年金生活になった場合はどうでしょうか?

現代の65歳  高齢・シニアなどと呼ばれてはおりますが、嫌々全くお若い!

身体的にも気力も、昔の65歳とは比べ物になりません。

社会の一線で働いていた時に受け取っていたお給料が定年と共に得られなくなり、年金を受けとれる65歳まで委託で働かれる方もいます。

しかし、それは大手企業に勤められているか、公務員の方に限られた事なのではないでしょうか?

年金が国民皆年金(1961年以前の加入状況)になるまでの年金加入者は約30%~40%未満です。

この比率は、現代の階層にも当てはまるのではないでしょうか?

年金の受給額は支払額から割り出されます。

つまり、多く払った人が沢山の年金を貰えるのです。

多く払った人とは高給取りという事です。

年金支給額が少ない人は、いままでの豊かな生活を維持する為に年金とは別の収入を求め働かなくてはなりません。

それがこの日本に住んでいる人の約60%の人の割合に値するんですよ。

この現実をあなたはどう思いますか?

 

まとめ

昨日の高齢ドライバーさん・・・
最近問題になっているお年寄りによるうっかり運転・・・
働く側にも、雇う側にも事情はあるでしょうが、人の命にかかわる職業に関してはもっと危機感を持って頂きたいと強く思いました。
北海道の冬道をなめてはいけません!簡単には止まらない!
生活の為に働いて命を失うよう事になっては働く意味がないじゃないですか?
運転するのが楽しいとか生きがいという事もあるかもしれませんが、職業としてのプロ意識・信頼・信用を失っては誰も幸せにはなりませんよ。
企業も従業者も・・・
一番の被害者は巻き添えを食らう人ですね。
難を逃れられて幸いでした。
高齢タクシードライバーさんも、国からの年金支給額で生活出来ていれば働く事もないのに・・・とも思いますが・・・
何時かは自分にもその時が来ます。
その時を迎える前に他の収入を得られる準備をしていきたいと思います。

人生何が起こるか判らないです。
あなたも気をつけてくださいね。

豊かに暮らすとは?老後生活『健康編1』

こんにちは まる美です。

 

前回は Aさんの体験された事を掲載させて頂きました
大変お気の毒な事です

老後 夫婦二人の生活
より良い豊かな生活を目指していたのに・・・

準備万端整えて 夫婦二人の豊かな老後生活 だったはずなのに・・・

一体どこで計画が狂ってしまったのでしょうか?

そうです! Aさん夫妻は60歳過ぎたばかり・・・
持病も無かったので まさか 自分が病魔に侵されるとは想像もしていなかったのです!

『認知症』・・・それは・・・

豊かに暮らす・老後生活・健康

年齢的に考えて これから先自分たちが病気になる事は予想しておられたのでしょう
その為に郊外の持ち家もマイカーも処分されて 通院や買い物に便利な都会のマンションを選び第二の人生をスタートさせたのでしょう

まさか 60才そこそこで認知症を発症するとは想像もされていなかった事でしょう!

シニア世代の方が一番罹りたくない病気は 『認知症』なんだそうです

『認知症』:  【アルツハイマー型認知症】
【血管性認知症】
【レビー小体型認知症】
が3代認知症と言われていて その中で最も多いのが【アルツハイマー型認知症】 なのだそうです

専門家ではないので詳しい事は分りかねますが
認知症は 病気になってしまった人を壊し その家族を悩まし生活を壊してしまう恐ろしい病気であると認識しております

数年前に 義理父母が心療内科で認知症検査を受けた事がありました
その時のテストの結果が 義父68点 義母62点 という結果でした
担当医のお話では 「受け入れるご家族の意向によって 軽い物忘れと受け取るか 軽度の認知症 つまり認知症の始まりとして治療するか?どのようにされますか?」との事でした

その時の義理父母の年齢は86才と85才でした
受診した理由・症状は 同じ話を何度も繰り返す 話がどんどん変わる(大げさになる)突然ヒステリックになる等でした
義父はそれ程症状がでていた訳でもなく 心疾患の病気もあり違う病院に入院したことで治療は受けることはありませんでした
義母は夫の病気や悩み事を抱えていた事もあり一時的な症状かも・・・?
徘徊や暴食等の症状は見受けられなかったので 精神安定剤の投与で様子を見る事にしました

義父の退院と共に症状は落ち着いてきましたが 人はこうして壊れていくのかと思ってしまうほどの経験をさせてもらいました

今となっては笑い話にしておりますが 目が離せない! ピリピリした状態だったのは事実ですね~

今は夫婦二人で生活してますよ♡
91才と90才ですが・・・

福祉の方の協力を得て通院等もお世話になっております
その御蔭でこちらの身体の負担や心の負担は軽くなりました!

Aさんのお話もそうですが 早めにお子様たちや福祉の方と相談して適切な対応を取られていれば状況は変わっていたのかもしれませんね

家族(嫁)が見るしかない!
それが家族(嫁)の責任だ!
面倒を見ないのは冷血だ!
のような感情論に振り回されている内に 狭い世界観に陥り
自分も家族も壊れてしまうのかも・・・

あなたはどう思われますか?

年金だけで 生活できますか?

 

Aさんの経験談を題材に 自分が経験した介護経験も合わせてお話させて頂いております

年金生活を送る為に 老後の預金も準備し 住まいも準備したAさん

突然の病気によって老後破錠されてしまわれました

高齢社会・長寿社会と言われておりますが 自分の病気や寿命は予期できません

まとめ

病気になった時の対処方法も万全に準備するべきなのでしょう
老後生活を迎える準備としてほかに何が必要なのでしょう?

次回も 健康についてをお送りいたします
宜しければ見てください

老後の生活 どう過ごしますか?

こんにちは まる美です。
今日は 現役を終え いよいよ年金生活を迎えたとしてのお話をします。
最後に プチ節約術も掲載します。

長~い 一日の始まり

 

老後・生活・過ごし方

いよいよ 夫が仕事を辞めて年金生活が始まりました。とします。

一週間ほどは長期のお休みみたいなもので 対して苦にはならないでしょう。

しいて言えば 三度の食事の準備と後片付けでしょうか?・・・

想像しただけでも面倒ですね~ ^^

それが 何十年ですよ~ お互いがあの世に行くまで・・・

毎日毎日 一日中 一緒の空間をともにするのです。

今まで一生懸命家族の為に働き続けてくれたのです。
文句を言うつもりはありません。邪魔者扱いも致しませんよ~
多分・・・^^

一般的には現役を引退した直後は 達成感だったり安堵感だったりでのんびりする事と思います。

趣味のある方やリタイヤ後の計画を立てている方もおられるでしょう。

長~いお休みを利用して旅行に行かれる計画をしている方もおられるでしょう。

それはそれで羨ましい。 楽しい時間が待っていますよね。

その様な事が出来る人は 生活に『ゆとり』があるからできる事ですよね。

『ゆとり』=『お金』 ですね。

それが無い人はどうすればよいの?

そうです。 また労働先を探すのです。

身体が動く限り! 本当に大変な時代になってしまいました。

そこで私が今からしている事をお知らせしますね。

今回は 私がこれからの生活の為に準備している事のひとつのお話です。

例えば10万円を稼ぐのに働く事を選択したとします。

私の場合 年齢的に雇ってもらえるとしたら 掃除関係・加工関係・野菜の選別(北海道なので)等となるでしょう。

働きに出た場合 身だしなみも気をつけなければなりません。お昼のお弁当代もかかります。(手作りでも) 他の方とコミニケーションをとるためにおやつも必要かもしれません。お化粧もばっちりしないとならないから 化粧品代も必要となります。交際費もかかりますね。車通勤ならガソリン代もかかります。交通費が出たとしても満額ではありませんから・・・

何が言いたいかと申しますと お外で働くと経費がかかるのです。

また心理的に働いているという事で少し気持ちが大きくなって 財布の紐も緩むかも知れません。

10万円を稼ぎに出たつもりが 結果7万円しか利益は出なかった事となります。

せっかく働きに出たのにこれでは自分の負担を増やすだけだ。
常に気楽で気ままで居たいずぼらな私が出した答えはこれです。

私は家庭菜園をすることとしたのです。

市内で畑を借りるとなれば数万円かかりますが 夫実家には畑がありますからね。農地貸借契約条件からしても1反(約991平方メートル)3千円との事でしたのでハウス1棟分を借りました。実際は0円ですが・・・。

始める際の初期費用はもちろん掛かりますが 一度そろえてしまえば年間にかかる経費はさほどではありません。

今年初めての挑戦でしたが あいにくの天候であまり作物の生育はよくありませんでした。

それでも市場の野菜が高騰でしたので まる美作の野菜達は大変諜報致しました。家計の野菜費は月5千円程度かかっていましたが⇒千円程となりました。つくれないキノコ類のお値段ですね。

沢山の野菜は漬物や冷凍保存しました。

おかげで漬物代は0円。(今まで月に2~3千円かかっていた。)今でも野菜は千円未満ですね。

月の食費は5万台⇒2万台へ減らす事が出来ました。

野菜作りの最大のメリットは 『安全』ですね。

農薬は最初と成長過程での状況で使いますが ごく微量です。なので野菜たちが柔らかくとても甘いのです。

家族にも知人にも喜ばれ心にも身体にも張りができます。

失敗した事は経験ととらえ来年また挑戦しよう!
来年はこの野菜にも挑戦してみよう!などと楽しみも増えます。

何より自然の中で身体を動かす事がとても心地よいのです。

金額的には勤めに出てもらう賃金の方が経費を差し引いても多いとは思いますが お金に換算できない充実感や満足感を味わう事が出来ますよ♪

シニアライフ・今後の生活の選択肢の一つとしていかがですか?。

まとめ

☆ プチ節約 ☆

今回はお肉の話です。題材は『鶏肉』です。

お買い物してきたら すぐに下処理に取りかかります。
鶏肉一口大に切ります。
一つかみ程度の量をラップで包みます。
一枚の鶏肉で5~6個程度ですね。
それをジップロックに保存して冷凍します。
オムライスやスープ 親子丼にグラタン 愛犬のごはんのトッピング
一つを取り出し解凍すれば すぐお料理に使えますよ♪♪♪