3年目へ突入!素人の家庭菜園in北海道【冬支度】

10月に入ってから、北海道のコロナ感染者は急増!
毎日200人近い感染者の数字が発表されます。
世界的に流行しているコロナ…
一年近くなるのに終息の兆しが見えません。
今までの生活に戻ることは無理なのかもしれませんね…

それでも足を止めることなく、感染予防に徹した生活を心がけるしかありませんね。

記録 2020年8月1日~10月31日

夏の農作業

家庭菜園in北海道・なす

夏場の農作業は、ひたすら草取りと収穫。
市場では長雨で高騰していたナスも我が家では豊作。
しかし、日照不足なのか小ぶりです。
販売目的ではないので家庭で頂くには十分です。
ご近所に配っても食べきれず、勿体ないと思いつつ食べきれない分は廃棄しました。

これは、来年の課題でもあります。
植える苗の数の調整が必要なようです。
そうはいっても、自然相手の事なので、その時の天候次第となるのかも知れません。

秋野菜の準備と結果

収穫・野菜・秋野菜・大根・白菜・キャベツ

秋の代表的な野菜といえば、大根・はくさい・キャベツでしょうか。
今年も大根の種をまき、はくさい・キャベツの苗を植えました。
結果としては、はくさい・キャベツは発育不足。

考えられる原因としては、苗を準備する時期が遅すぎたということです。
私は、八月に入ってから苗の準備をし八月中に植えたのですが、猛暑のためなかなか根がつかず、植えた苗の三分の二が全滅してしまいました。
辛うじて育ったものは日照不足で発育不全。

春のはくさいも秋のはくさいもダメ。
今年は柔らかくて美味しいはくさいは諦めるしかないようです。
漬物用のはくさいは購入するしかありませんでした。…残念。

秋野菜のお話は、『収穫した野菜を無駄なく加工する』で掲載しておりますのでそちらをご覧ください。

いよいよ冬の準備

ハウス・はうす・耕す

10月に入り、風が冷たく感じるようになりました。
そろそろ、冬の準備が必要なようです。

2020年10月3日 土曜日 晴れ

ハウスの骨組みを利用して張ってあった害獣除けのネットの回収をしました。
留め金として使っていた鉄則バンドをすべて切って回ります。
次にネットを畳みます。
この一連の作業だけで二時間の時間を要します。
しかしこの作業が済めば、大方の作業は済んだも同然。

この日は一部のマルチも剥がしました。
マルチは育成には便利なものですが、剥がす時は土と雨を含んでいて重いので大変です。
端から転がすように丸めてくるのですが、中腰の作業が続くので結構辛い体勢。
雨が降ると作業ができなくなるので、お天気のよい日はついつい過剰労働となってしまいます。
夜には腰や足が悲鳴をあげます。

2020年 10月31日 土曜日 くもり

成長途中だった野菜もすべて収穫し、来年のために堆肥をまき畑を耕しました。
「今年も美味しい野菜をたくさんありがとう。
来年もたくさん美味しい野菜をよろしくね」の思いを込めて…
来年はもっと上手に野菜を作るぞ!と心に誓って…

 

 

 

 

収穫した野菜を無駄なく加工する【秋野菜】

朝目覚めて、カーテンを開けると一面真っ白。
真っ白といっても銀世界といえるほど綺麗な景色ではない。
それでも、今季二度目の雪。
季節は確実に冬へと向かっている。

収穫した野菜の加工品のお話は今回で最後です。
最終を飾る野菜は大根と里芋です。

秋野菜の収穫

10月最終日。
いよいよ最後まで残しておいた野菜を収穫しました。
収穫した野菜は、里芋・白菜・キャベツです。
秋の主役の大根は、その前の週の日曜日に収穫済みです。

秋野菜は概ね漬物・越冬用として保存します。
まずは、大根の加工から…

大根を切り干し大根へ

今年の大根は、成長が良くなかったため、小ぶりぞろいでした。
漬物にするには重宝な大きさですが、煮物やおでんとして使うには少し物足りない大きさです。
それでも数はそこそこありましたので、切り干し大根も作ることにしました。

小ぶりな大根25本を千切り用のスライサーを使っておろします。
次に干し物用の網かごに入れて外の風にあてて乾燥させます。
その時のお天気にもよりますが、期間としては一週間ぐらいでしょうか、、、

野菜を加工・秋野菜・大根・切り干し大根

水分が飛んで、大根がしわしわになってきたら、家の中で乾燥させます。
北海道は寒くなるのが早いので、10月に入り朝晩の気温が下がってくると、家の中ではストーブを炊きます。

そのストーブの傍で大根を乾燥させるとこのようになります。

野菜を加工・大根・切り干し大根

冬の野菜不足を補うのには欠かせない栄養素が詰まった切り干し大根。
食卓の副菜としても、お弁当のおかずとしても、お酒のツマ、箸休めとしても重宝します。

今年は一冬分の量を作ることができました。
ありがたいことです。

漬物

昔は子供たちもいて大人数だったので、大樽で漬けていたお漬物も、今では主人と二人きり。
それほど多く漬けることもなく、数種類を少量漬けることに、、、

漬けた種類としては、
〇 大根のみそ漬け
〇 大根のべったら漬け
〇 大根のサワー漬け
〇 大根のなまくら漬け
〇 白菜のショウガ漬け
〇 白菜のキムチ漬け
〇 聖護院の千枚漬けもどき

今年はどんなお味になっているのか…楽しみです。

里芋を加工・保存

野菜を加工・里芋・さといも

収穫した里芋を水洗いして、皮をむきます。
大きさをそろえる為ある程度カットします。
次に里芋を大鍋で軽く茹でます。
粗熱をとって冷凍保存袋へ、、、

野菜を加工・里芋・さといも

大きめの里芋はお正月のうま煮用に、小ぶりの里芋は煮物用に冷凍保存しました。
お正月のうま煮の里芋は家族に好評なので、こちらも今から楽しみです。
今年は5袋。
去年の二倍はあるけれど、来年はこの倍の収穫が採れるように頑張りたいと思います。

家庭菜園で作った野菜を年間通して食することができるのはとても贅沢で幸せです。
老後の励みにもなります。
機会があったら挑戦してみるのも良いかも知れませんよ。

収穫した野菜を無駄なく加工する【らっきょう】

11月に突入して、今年も残りふたつきとなりました。
ここ北海道でも、とうとう初雪が降りました。
いよいよ、冬シーズンの幕開けです。

さて、前回はにんにくを黒ニンニクに加工するお話でした。
今回は【らっきょう】を加工するお話です。

らっきょうの収穫時期

野菜加工・らっきょう

らっきょうはニンニクの収穫と同時期、7月の中頃から末までに行います。
今年は、ニンニクの収穫が終わった、7月20日に収穫しました。

収穫した量は大体5~6キロほどです。
種用のらっきょうを除いて、それ以外は下処理を行います。

下処理の仕方

野菜加工・らっきょう

当たり前の話ですが、収穫したばかりのらっきょうには、泥がついています。
勿論、茎もついています。
まずは、これの処理をします。

① らっきょうの茎を切ります。
② ひげ根を切ります。
③ 水を入れたボールの中で、らっきょうをもみ洗いします。
数回水を取り替え、らっきょうの薄皮が取れるまで繰り返します。
最後に流水で残っている薄皮を綺麗にはがします。

この処置が済めば加工は終わったも当然です。
次に下処理の済んだらっきょうを使って加工品を作ります。

今年は「甘酢漬け」と「塩漬け」の二種類を作りました。

甘酢漬けと塩漬けの作り方

 

【甘酢漬けレシピ】

● らっきょう  500g
● 酢      175ml
● 砂糖     100g
● 塩      30g
● みりん    30ml
● 唐辛子    適量

野菜を加工・らっきょう

【塩漬けレシピ】

● らっきょう  500g
● 水      600ml
● 塩      60g

作り方はどちらも同じです。
らっきょう以外の材料をすべて合わせて漬け汁を作ります。
塩が溶けづらい場合は一度火にかけ、軽く煮立たせると味のばらつきをさけ、均等に漬ける事ができます。
漬け汁を火にかけた場合は冷ましてから漬けます。

保存の仕方と効能

保存の仕方としては、冷蔵庫が良いのですがそれ以外の場所としては、冷暗所で保管・保存します。
保存の注意としては、蓋の開封時に雑菌が入らないようにしてください。

効能としては、むくみ・二日酔い・血行促進・便秘等といわれています。
効能は別にしても、食事の合間にらっきょう漬けを食べると、口の中が一瞬でリセットされ爽快になります。

また、保存方法を間違えなければ、一年間は美味しい自家製らっきょうを食すことができます。
機会があれば是非作ってみては如何でしょうか、
自家製らっきょうは、売っているらっきょうよりも触感がシャキシャキして美味しいですよ。

 

 

 

収穫した野菜を無駄なく加工する【ニンニク】

9月から始まるリフォームに向けて、家のかたずけ・畑作業・義父の入院と日常の雑ごとに追われ暫く投稿が途絶えておりました。
やっと落ち着いて記事を書ける状況になりました。

今回は、収穫したニンニクを黒ニンニクに加工するお話です。

ニンニクを収穫する

 

ニンニクは昨年8月に植えた、通常のニンニクと無臭ニンニクの二種類です。
今年の7月中頃に収穫しました。
出来具合としては、昨年の長雨被害に比べれば傷み具合が少量で済みました。

通常料理に使われるニンニクを、「辛いニンニク」

加工食品・黒ニンニク・辛いニンニク

臭いのしないニンニクを、「無臭ニンニク」と私たちの間では呼び分けています。

加工食品・黒ニンニク・無臭ニンニク

収穫後の処理

「辛いニンニク」は、一かけらに小分けにして、ピケ根の処理をします。
次に、網ネットに入れ、日陰干ししながら、料理に使用します。

「無臭ニンニク」こちらも、処理としては「辛いニンニク」と同じく、小分けにしてからひげ根の処理をします。

加工食品・黒ニンニク・無臭ニンニク

準備するもの

次に「無臭ニンニク」を使って、黒ニンニクを作ります。

この無臭ニンニクを使用するには三つの利点があります。
一つは、粒が大きいこと。
もう一つは、臭いがほとんどしないこと。
そして、実が柔らかいことです。

ここで、黒ニンニクを作るために必要な道具をお知らせします。

① 無臭ニンニク
② 炊飯器
③ 竹かご

以上を用意ます。
ここで注意しなければいけないことは、ニンニクづくり専用の炊飯器を用意することです。

理由としては、黒ニンニクを作るためには炊飯器を常時、【保温】状態にしておかなければならないからです。
詳しくは、作り方でもう一度お知らせしますね。

黒ニンニクの作り方

黒ニンニクの作り方はいたって簡単です。

炊飯器に入る竹かごを用意します。
次にその竹かごに入る分だけのニンニクを入れます。
炊飯器を保温にします。
定期的に観察して保温が切れないようにします。

加工食品・黒ニンニク・炊飯器

「無臭ニンニク」の場合、約3~4日ほどでこのようになります。

10日くらいで完成です。

一度にたくさんの加工をするには、大きめの炊飯器が必要です。
たまたま我が家には、夫が単身赴任中に使っていた炊飯器がありましたので、それを使用しています。
三合炊きなので収穫したニンニク全てが黒ニンニクになるには、二か月ほどかかります。

黒ニンニクの効能

加工食品・黒ニンニク・効能

ニンニク自体が栄養価の高い食品に加えて、熟成させることによってS-アリルシステインという物質が作られるようです。

このS-アリルシステインは強い抗酸化作用があるようで、老化現象を引き起こす活性炭素と腸内の悪玉コレステロールが結びつくのを防ぐ作用があるようです。

難しいことはわかりませんが、体力が衰えていると感じた時に食すと翌日には回復することは事実です。
昨年も一冬風邪をひくことはありませんでした。

また無臭ニンニクは、粒が大きく臭いが少ないのが特徴です。
黒ニンニクにした時もほとんど臭いはありません。

今はスーパーでも販売されていますので、一度食してみるのもいいですね。

次回は【らっきょう】のお話です。

 

3年目へ突入!素人の家庭菜園in北海道【秋野菜の種まきと苗づくり】シリーズ11弾

突然母が訪ねてきた
どうやら歯の調子が悪く遠路はるばる此方の歯医者に来たらしい

来訪時のお土産としてメロンを頂いた
北竜町のメロンである
赤肉
私が作っているメロンはすべて青肉なので楽しみ~

食べ頃になるまでは常温で放置
熟したら冷蔵庫で冷やして…
その時は愛犬にも与えてみよう

愛犬・イヴ

レタスの苗づくり

2020年 7月15日 水曜日 曇り/晴れ

レタスの苗づくり
24個のポットに種をまく作業

まずは土づくり

畑の土を3分の1
種まき用の培養土を3分の1
ピートモスを3分の1

たっぷり水を入れてよく混ぜます

作業としてはこの土を作るのが重要です
あとはポットに入れて3粒の種を埋めていくだけ

2020年 7月18日 土曜日 晴れ

発芽しました
まだ、バラつきはありますが、順次発芽していくでしょう
夏場の苗づくりは春に比べるととても簡単です

太陽さんの日差しは偉大ですね

メロンの剪定作業と皿ひき

めろん・メロン

ずいぶんメロンが育ちました
一株から2個ほどのメロンを選別して育てようと思いましたが、日照不足のせいで生育がよくありません

この時点で40個もできていませんでした…
味は少し劣るかもしれませんが、今年は質より量を選ぶことにしました

販売するわけではありませんから,ひとつでも多く収穫して知り合いにも食べてもらいたい…
できればお盆前には収穫し終わりたいところです

剪定作業はこの実となったメロンにだけ栄養が届けられるように余分な葉はすべて成長を止めます

保護のために作っていた簡易ハウスも取り除きました
あとは自然の力を利用
朝晩の寒暖の差で実が甘~くなりますように…

注意することとしては水をやりすぎないことでしょうか
カンカン照りでもマルチの中には水分がありますから、根の土の状態を観察しながら水撒きをします

フルーツ皿と呼ばれるものを実の下に敷く作業も同時に行いました
こちらは、汚れや形の形成を手助けしてくれるアイテムですね
20枚入りで税込み@498でした
今年は40枚分購入したので@996円の投資ですね
2、3年は使えますから、毎年20枚ぐらいは購入することになりそうです

楽しみな収穫

収穫

7月に入ってから、少しずつ収穫できるようになってきました

一番最初に収穫したものはレタスですね
イチゴも採れるようになりました

写真のキュウリはお姑さんがハウスで作っているものです
私の黒さんごはこの頃ようやく収穫できるようになりました

本州のほうでも長雨の影響で日照不足
スーパーに並ぶお野菜たちもなかなかのお値段です
形は悪くても、自宅で野菜を収穫できるのは家計にとっては大変助かります
この頃は行くたびにコンテナ一つ分のナスを収穫することができています

秋の大根・人参・ほうれん草の種をまく

2020年 7月25日 土曜日 晴れ

堆肥を撒いて家庭用ティーラーで土を耕してもらいました
秋用の大根と人参、そしてほうれん草の種を直播しました

2020年 7月30日 木曜日 晴れ

このところの晴天で大根の種が発芽していました
人参、ほうれん草はまだ顔を見せてくれません

次回は収穫したにんにくのお話です

3年目へ突入!素人の家庭菜園in北海道【白菜&きゃべつ全滅しました】シリーズ10弾

私地域もここ4日、連続で30℃を超す真夏日!
家じゅうの窓は全開
一階も二階も冷風機フル回転…

何もしなくても流れる汗
寒さには耐えれるけど暑さには弱い

昨日雨が降り気温が一気に8℃も下がり今朝は肌寒いほどでした
今日は快適
一年中このぐらいならいいのにね…

今回は白菜ときゃべつのお話です

白菜の根にコブが…

2020年 6月21日 日曜日

このところ天候が良かったせいか白菜に元気がない
くてっとした感じ

くってり・干からび・ハクサイ・はくさい・白菜・病気・コブ

お姑さんがすぐに指摘!
「苗植えるときにコブ取りようの薬入れたかい?」

「入れてない…」
お姑さん
「だからだわ…今からでも薬入れたほうがいい」

そう指摘されて根元の周りに薬を入れる作業を施してみたものの…
作業をしていて気づきました
多分手遅れだと…

それでも白菜ときゃべつに薬を入れて1週間様子を見ることにしました

2020年6月26日 金曜日 晴れ

やはり駄目でした
出来上がったコブで根元の土が盛り上がっています
白菜30株 すべて全滅です
きゃべつはなんとなく生きています

あきらめも肝心

2020年 6月28日 日曜日

これ以上白菜を植えていても成長の見込みはありません
思い切って白菜は全部処分することにしました
辛うじて生きているきゃべつは残して数日様子を見てみることに…
処分して土を消毒して二毛作に切り替えることにしました

白菜・はくさい・ハクサイ・こぶ・コブ・処分・廃棄

2020年 7月2日 木曜日 雨

きゃべつが成長していません
根元の土も盛り上がってきています
やはり駄目ですね
あきらめるしかありません

きゃべつ11株
すべて廃棄処分となりました

雨が止んでお天気になったらマルチを剥いで土を乾かしましょう
今回の失敗、これも次回の教訓ですね

マルチはがして土を乾かす

2020年7月11日 土曜日 曇り/晴れ

しばらく続いていた雨がやっと止み、太陽さんが顔を覗かせました
廃棄の白菜&きゃべつは廃棄場へネコで運びます
マルチをカットして土を乾かします
土の中にあるコブ根も取れる分だけ取り出します

この後の工程としては頃合いを見て再度土を耕します
土の状態を見て消毒薬を撒くかどうか検討ですね

家庭菜園の利点は、農薬をできる限り減らせることだと思っています
売り物でないわけですから姿かたちよりも安全を重視します
かといって、まったく農薬類を使わないと虫さんに食べられてしまうわけですからこの頃合いが難しいところですね

二毛作の準備

2020年 7月14日 火曜日 曇り/晴れ

秋のお漬物・越冬野菜として大根・人参・白菜・きゃべつを作ろうと思っています
その前に春先に植えたレタス類を食べてしまったので、レタスを作ることに…
まずはレタスの苗づくり
この日24株作りました
只今、順調に成長しています

今月中に白菜ときゃべつの苗も作らなきゃ
大根・人参・ほうれん草も今月中に種を直播する予定です

記録日 2020年6月22日~7月14日

 

 

3年目へ突入! 素人の家庭菜園in北海道【今年も被害に遭いました】シリーズ9弾

この間、某テレビ番組で家政婦の志麻さんが、焼きそばを作っていた
志麻さんは家庭でも失敗しない作り方をレクチャーしてくれいた
なんとなく見ていたのだが、志麻さん、お料理も説明もとてもお上手

失敗しない焼きそばの作り方の要点は5つ

1・野菜に塩コショウをしてはいけない
理由、水気がでてしまい野菜がべちゃつくから

2・肉にはしっかり塩コショウ、付属のソースを2分の1を使う
理由、味にメリハリをつけるため

3・麺は1分ほどレンジで加熱する
理由、麺をほぐれやすくするため

4・野菜・肉は炒めた後 別容器に移しておく
理由、野菜、肉の炒めすぎを防ぐため

5・麺だけを炒め、付属のソースでしっかり味をつける
この時、説明にある水は使用しない
理由、麺がべたつくから 野菜からでる水分で足りるからとの説明でした

最後に軽く混ぜて出来上がり

このやり方で昨日、焼きそばを作ってみた
結果、一言 凄く美味しかった~!

イチゴが食べられました

2020年6月18日 木曜日 晴れ

この日は循環器内科病院に入院していたお舅さんが、老人医療施設に転院する日でした
私は退院手続きをし、お姑さんと施設に入園手続きをするため実家に寄りました

お舅さんはイチゴが好きなので、食べさせてあげようと畑に行ったら一つも赤いイチゴがないじゃないですか…
数日前には赤くなっていたのに…一粒もないのです

イチゴ・いちご・苺

 

入口の戸は閉まっていました
周りに張り廻られたネットも破られた形跡もありません
土を掘った形跡も見当たりません

しかし。食いかけのイチゴのへたがそこいらへんに落ちています
小さな青いイチゴまでです
イチゴの苗も踏まれたような?座ったような?回るい形状で苗が倒れています

私はすぐにお姑さんに尋ねました
ここ数日で強風吹いた?
強い雨降った?

答えはノーです

考えられるのはキツネしかいません
去年に続いて今年も被害に遭ってしまいました
くやしい…

緊急対策発動

2020年6月21日 日曜日 曇り

この日は夫がお休みだったので二人で入口前にネットを追加補強
侵入経路は入口しか考えられないからです

ネット・補強

ネット・補強

入口の戸の高さから地面までカラス除けのネットを補強しました
戸のビニールも傷んでいたので全面新しいビニールに張り替えました
これで侵入経路は塞がれたはずです
1週間後が楽しみです

1週間後のイチゴの収穫写真

苺・いちご・イチゴ

1週間後に収穫したイチゴです
これ以上の数のイチゴをキツネは食べたのでしょうね
彼らも生きるのに必死なのでしょう
食べられたイチゴはお勉強代として諦めることにしました

この日のその他の作業

・2棟分の草取り&石拾い
・白菜の根の消毒

次回はこの白菜の根の消毒と白菜のその後のお話です
宜しければ次回も読んでみてください

3年目へ突入!素人の家庭菜園in北海道【芽取り作業と整枝作業】シリーズ8弾

昨日娘がブルーベリーと美瑛産のパン・玉ねぎスープ・ドライコーンを持って訪ねてきた
お友達から沢山のブルーベリーが届いたからお裾分けだそうだ
嬉しい限りです

ブルーベリー・美瑛産食パン・玉ねぎスープ・ドライコーン

今朝、早速ジャムづくりを開始
ジャムづくり~
なんて言ったらお料理上手な人に聞こえるかも知れないが実際はクックパット頼りの人…

私流のブルーベリージャムの作り方です

お鍋にブルーベリーとお砂糖を入れて煮込むだけ
お砂糖の量は自分のお好みの量
2時間ほどコトコト
ブルーベリージャムの出来上がりです

ブルーベリージャム

 

ここからは家庭菜園のお話となります

2020年6月15日 月曜日 曇り
この日の作業工程です

茄子の芽取り

茄子の葉が随分と成長しました
今回茄子は4種類植えてあります

焼きナスやお味噌汁の具に適している長茄子
煮崩れのおきにくい米茄子
お漬物用の小茄子
自宅の畑には普通の茄子くろべえ 煮てもよし、焼いてもよし、炒めてもよしの万能茄子です

茄子・なす・ナス

茄子の苗を植えたままほっておくと葉ばかりが成長してしまいます
結果実なりが悪くなります
そこで芽かき作業が必要となります

地面から4~5センチほどの葉をすべて取り除く作業です
こうすることによって葉にばかり栄養が行かなくする事ができます

メロンの整枝

メロンも随分大きく成長してきました
メロンの整枝の仕方は毎回YouTubeで動画を食い入るように見ながら実践します

最初は節の意味も分からず再生回数数十回
何度も何度も巻き戻してはメモを取り覚えました
そこまで勉強しても必ず間違うのです
年齢の問題なのでしょうね(笑)

昨年の成果としては食べて美味しいなと感じたメロンは全体の4/1あったでしょうか?…
その失敗を踏まえて…
今年こそはと再度動画でお勉強!

整枝したメロンの株は9株
節から出ている小ヅル・孫ズル・芽を取り除きます
取り除くのは10節まで
それ以降の子ヅルはメロンとなります

専門用語で成りヅルと言うそうです
成りヅルは5本まで残します、とメロン農家さんの動画では言っています

メロン・めろん

しかし、私は凄く贅沢なメロンを作りたいのです
一つのメロンの株からは4個しか取らないと決めています
栄養分がそのこ四個にだけにいくように育てるのです

10株中9株が成長しているので9×4
うまくいけば36個のメロンが収穫できる予定です
あくまでも予定ですが…

市場のメロン価格はひと玉@580~680円
仮に安売りの@580だとして36個収穫できたとしたら…20,880円です
株代は4,060円かかっているから…〆て16,820の徳であります!

全て上手に出来上がればの話ですが…
捕らぬ狸の皮算用ですね

作業記録 2020年6月15日

 

 

3年目へ突入!素人の家庭菜園in北海道【苗植え後の作業】シリーズ7弾

このあいだマイ菜園の戸を開けて最初に目に飛び込んできたもの…
それはヘビでした!

何が驚いたって、少し前までお姑さんと元ポンプ小屋の処におっきなヘビが出た!と言う話をしていた直後の出来事に私硬直しました

私の処に姿を現したヘビは体調1メートル・太さ親指大
お姑さんが見たのは体調2メートル弱・太さ5~6センチ
まったく違うヘビですが同じ日に現れたものですからもう心臓はパクパク

へび・ヘビ・青大将

それでもそのままにしておいては作業ができません
犬を車に避難させ棒でヘビを威嚇しながら外へ誘導させお帰り戴きました
夜夫に特徴を伝えると多分青大将の子供だろうとの事でした

原野みたいな所なので出て当たり前なのですが普段遭遇することがない生き物に出会うことがあります
ほんとうに驚くことばかりです

苗植え後の作業

先月で大方の苗植えが終了しました
この後の作業
それはひたすら草をとる事
石を拾う事です
それと水やりですね

6月に入りお天気に恵まれています
こうなると水やりのために菜園に通います
片道30分 往復1時間

畑だけではなく現在一人で暮らしているお姑さんの様子見でもあります

自宅の畑

菜園の方がひと段落したので今度は自宅の畑作業を行いました
自宅の畑の面積はたかが知れているので簡単です
土を耕す前に一通りの石拾い
雑草も大きなものは抜いておきます

一昨年隣との境界線に雪対策用のフェンス工事をしました
その時に土に石が混ざってしまったらしく、とってもとっても石やコンクリートが出てきます
それでも作業時間は2時間弱で終了しました
勿論マルチも簡易トンネルの準備も含めてです

後はお天気の様子を覗いながら苗を植えるタイミングをはかります
(2020年6月7日 苗植え終了)

草刈りと草取りと石拾い

2020年6月13日 土曜日 晴れ/曇り

 

石・ねぎ・藁・草

明日、日曜日
夫に土を耕してもらうための下準備
成長してしまった雑草と土の上に顔を出している石拾いをしました
それと一本ねぎの移植のための準備

5月の末に植えた一本ねぎ
植え方が悪かったため根が張らず…
30本中12本しか成長してません!

お姑さんがねぎ苗を分けてくれたので土台作りを改めて行うことに…
今度は時期的にも失敗できないからもう一度お勉強です

調べてみると何が失敗の原因かわかりました!
葉ねぎの育て方と一本ねぎの育て方の違いでした

葉ねぎの場合40センチほどの床を作ってねぎ苗を植えていくのですが一本ねぎの場合は畝の中にねぎ苗を寝かせその上に水を含ませた藁を敷いて土をかけて根付くのを待ちます
藁に含ませた水分以外の水やりは不要とのことでした

藁が無かったので草を利用することにしました
長さ50センチ
草の名前はわかりませんが丁度良い穂もついています
水を含ませるにはまずまずです

物は試しです
どうなるのか見てみるのも経験ですね
毎年ねぎは作りたいので来年からは藁も用意しておこう!

作業記録 2020年6月1日~15日

 

 

3年目へ突入!素人の家庭菜園in北海道【草処理と苗植え】シリーズ6弾

橋の話

一昨年の大雨で家の近くの小さな川が氾濫した
その時に掛かっていた橋も崩壊した
以前掛かっていた橋より縮小した橋が去年完成した
車での使用はできなくなったが人が通るのには十分な幅と頑丈さです

対岸の畑にはラッキョウとニンニクが植えてあります
そのお世話をする為に義理の母がその橋を利用するので橋の名前は『ばぁちゃんの橋』と名付けられました

雑草処理

5月になってお天気が続くといっきに成長するのが雑草です
雪どけのぐちゃぐちゃが治まった時が狙い時
ハウスの周辺に除草剤を撒きます
この除草剤を撒かないとスギナがビニールを破って侵入してくるのです

2020年5月5日 晴れ/曇り
今日はこどもの日ですが…今年はコロナの関係で人との接触を避けている状態です
我が家にも初孫ができ初節句のお祝いもしたいところですが今はぐっと我慢!
万が一のことが起きたら後悔しても後悔しきれませんから…
この憤り・やり場のない感情を雑草に向ける如く除草剤を肩に担いで撒いて回りました

ハウスを一周撒き終わるのに1時間
これを年に2回ほどと場合によっては電動カッターで草刈りを行います

苗を購入

2020年5月9日 晴れ/曇り

今日はJAにて野菜苗を購入しました

・ネットメロン   6株 @290
・ラブミーメロン  4株 @290
・青シソ      2株 @  90
・シシトウ     2株 @  90
・大玉すいか    3株 @290
・小玉すいか    1株 @290

この日は購入のみ
理由は土が冷たいからです
簡易ハウスの中で保管
植えるタイミングを計ります

イチゴの移植作業

イチゴ・いちご・苺・移植

前回剪定したイチゴです
このイチゴの子株・孫株を他の場所に移植します
今年の物にはならないでしょうが来年には沢山のイチゴが実ることを願って植え替え作業を行います

イチゴ・苺・いちご

移植し終わった状態です
現在(只今6月中)小指ほどの小さな実を付けています
根付いた証拠なので来年が楽しみです

イチゴの収穫時期が済んだらたっぷりの堆肥と肥料を与えておきます

いよいよ苗植え

2020年5月12日 晴れ

マルチの中の土の温度が上がってきたので苗を植えることにしました

・メロン  10株
・すいか    4株
・シシトウ   3株
・レタス  20株
・青シソ    2株

メロン・めろん

メロンとすいかは簡易ハウスの中で育てるのですが5月の北海道は朝と昼の気温の寒暖差が激しいため苗の根が定着するまで保護キャップをかぶせます

レタス・シシトウ・大葉・青シソ

レタスは種から自分で育てた苗なのですが数日前の高気温に少し弱ってきたため土に植えて様子を見ることにしました

野菜苗は植えた後に保護キャップをかぶせ更にべたかけ不織布をかぶせておきます

2020年5月14日 曇り

種から育てたシシトウとピーマンの成長が悪いため5株土に植えてみることにしました
あまりに成長が悪いのでダメもとで自然に任せることに…
保護キャップ無しで放置!

2020年5月20日 晴れ

最初の苗を植えた日から一週間が経過
果たしてどれほどまで成長しているか…
期待と不安でキャップを外してみる

まずは一番気になっているメロンから

が~ん!!
10株植えたメロンの苗が9株枯れてます
レタスも17株が枯れてる
青シソもぐったりして元気がない

原因は三日ほど続いて降りた霜です
野生に生えている山菜のウドも霜被害にあうほどの寒さでした
やはり北海道のこの時期は難しいです

しかし嘆いている場合ではありません
補充の苗を購入しなくては…

・メロン    8株 @290
・青シソ    2株    @  90
・レタス     11株    @  90
・パセリ    1株    @  90
・ミニトマト  4株    @160

天気予報ではこれから一週間20℃越えの予報です
メロン以外はキャップを外すことにしました
昨年は雨が長引いて天気と格闘しましたが今年も難儀しそうです

2020年5月24日 晴れ/曇り

畑作業には最高な日です
一気に残りの苗を植えます

・長茄子
・米茄子
・小茄子
・ピーマン
・シシトウ
・ピーマン
・ハクサイ
・キャベツ
・キュウリ
・ブロッコリー
・オクラ

気温が高いのでべたかけ不織布で苗を保護
太陽の強い日差しからも雨からも苗を守ってくれます

べたかけ不織布

2020年5月29日 晴れ

この日はスイカ3株と青シソ1株レタス3株が枯れていました
とりあえず昨日購入しておいたサトイモ8株を植えます
購入価格は1株@198でした

・ネギ2種類
・枝豆2種類
・大納言
・きぬさや
・えんどう豆
・さやえんどう
・平さや
豆類も一気に植えました

明日スイカの苗を見に行ってみようかな?
売ってなかったら諦めよう
本当に今年は苗代の下敷きになりそう…

2020年5月30日 晴れ

・大玉スイカ黄色 1株 @378
・小玉スイカ   2株 @358
・サンチェ    2株 @128
・オクラ     1株 @228

とほほの出費です
しかしこれで予定の野菜を植えることができました

後は水の管理と草取り石拾い
色々やることはありますがお天気と自分の体力と仕事の兼ね合いを見ながらぼちぼちしていく事と致します

記録 2020/5/1~5/31