3年目へ突入!素人の家庭菜園in北海道【秋野菜の種まきと苗づくり】シリーズ11弾

3年目へ突入!素人の家庭菜園in北海道【秋野菜の種まきと苗づくり】シリーズ11弾

突然母が訪ねてきた
どうやら歯の調子が悪く遠路はるばる此方の歯医者に来たらしい

来訪時のお土産としてメロンを頂いた
北竜町のメロンである
赤肉
私が作っているメロンはすべて青肉なので楽しみ~

食べ頃になるまでは常温で放置
熟したら冷蔵庫で冷やして…
その時は愛犬にも与えてみよう

愛犬・イヴ

レタスの苗づくり

2020年 7月15日 水曜日 曇り/晴れ

レタスの苗づくり
24個のポットに種をまく作業

まずは土づくり

畑の土を3分の1
種まき用の培養土を3分の1
ピートモスを3分の1

たっぷり水を入れてよく混ぜます

作業としてはこの土を作るのが重要です
あとはポットに入れて3粒の種を埋めていくだけ

2020年 7月18日 土曜日 晴れ

発芽しました
まだ、バラつきはありますが、順次発芽していくでしょう
夏場の苗づくりは春に比べるととても簡単です

太陽さんの日差しは偉大ですね

メロンの剪定作業と皿ひき

めろん・メロン

ずいぶんメロンが育ちました
一株から2個ほどのメロンを選別して育てようと思いましたが、日照不足のせいで生育がよくありません

この時点で40個もできていませんでした…
味は少し劣るかもしれませんが、今年は質より量を選ぶことにしました

販売するわけではありませんから,ひとつでも多く収穫して知り合いにも食べてもらいたい…
できればお盆前には収穫し終わりたいところです

剪定作業はこの実となったメロンにだけ栄養が届けられるように余分な葉はすべて成長を止めます

保護のために作っていた簡易ハウスも取り除きました
あとは自然の力を利用
朝晩の寒暖の差で実が甘~くなりますように…

注意することとしては水をやりすぎないことでしょうか
カンカン照りでもマルチの中には水分がありますから、根の土の状態を観察しながら水撒きをします

フルーツ皿と呼ばれるものを実の下に敷く作業も同時に行いました
こちらは、汚れや形の形成を手助けしてくれるアイテムですね
20枚入りで税込み@498でした
今年は40枚分購入したので@996円の投資ですね
2、3年は使えますから、毎年20枚ぐらいは購入することになりそうです

楽しみな収穫

収穫

7月に入ってから、少しずつ収穫できるようになってきました

一番最初に収穫したものはレタスですね
イチゴも採れるようになりました

写真のキュウリはお姑さんがハウスで作っているものです
私の黒さんごはこの頃ようやく収穫できるようになりました

本州のほうでも長雨の影響で日照不足
スーパーに並ぶお野菜たちもなかなかのお値段です
形は悪くても、自宅で野菜を収穫できるのは家計にとっては大変助かります
この頃は行くたびにコンテナ一つ分のナスを収穫することができています

秋の大根・人参・ほうれん草の種をまく

2020年 7月25日 土曜日 晴れ

堆肥を撒いて家庭用ティーラーで土を耕してもらいました
秋用の大根と人参、そしてほうれん草の種を直播しました

2020年 7月30日 木曜日 晴れ

このところの晴天で大根の種が発芽していました
人参、ほうれん草はまだ顔を見せてくれません

次回は収穫したにんにくのお話です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。