豊かに暮らす・老後生活・お金

豊かに暮らすとは?老後生活『お金編1』

こんにちは まる美です。

日に日に寒くなりましたねぇ~
寒いと動くのがおっくうになってしまいます^^;)
益々 ずぼらに磨きが掛かります しかし 今は師走!
老体に鞭を打って辛うじて行動しております^^

今回は『老後の生活』について
豊かに暮らす為には何が必要なのか・・・
一番必要なことは何か
についてをお話しますね

これからのあなたの生活の参考となれば幸いです

『お金』について

豊かに暮らす・老後生活・お金

人として生活していくうえで欠かせないアイテム=お金!

沢山あれば裕福 少しであれば貧乏 ほどほどであれば中流家庭とでもなるのでしょうか?
かなり乱暴な振り分けですね すみません m(.  .)m

言い方を変えますね 裕福=セレブ 貧乏=下流老人 中流層=何と呼ばれるのかな? 中流シニアとでもなるのでしょうか?

中流シニアと呼ばれている人たちの年収所得は700万前後と言われています
また 下流老人と呼ばれている人の年収所得は400万台だそうです
それではセレブと呼ばれている人の年収所得は1000万以上となるのでしょうか?

この年収所得額は厚生省の統計を基準に公表されている額のようです

まず 中流家庭を基準に老後の生活問題を シュミレーションしたいと思います

提示されている年収所得700万について

これはあくまでも年収所得なので 手取り年収ではありません
サラリーマンであれば月の所得から社会保険料・年金・源泉所得税・市.住民税等が差し引かれます

また ボーナスは月の収入所得税率とは違う税率になりますので計算方法が異なります しかし社会保険料・年金・源泉所得税・市.住民税は引かれます

多分700万に対して2割位は天引きされていると思われます
その計算でいきますと手取り年収は 約560万位でしょうか?
(扶養人数によっても変わりますので ここでの話の都合上おおよその概算金額とします)

一般的な中流家庭モデルとして

ここでの仮定のお話情の家族構成を造りました
夫35歳 サラリーマン
妻32歳 専業主婦
子供2名 5歳と3歳 幼稚園
持ち家 新築支払 0年
家のローン35年 残35年
支払方法 ボーナス払い有
マイカー所有 ローン有
と仮定します

老後資金いくら必要?

豊かに暮らす・老後生活・お金

 


これからの年金受給年齢は70歳からと言われています
なので70歳定年と仮定して計算しますね

定年まで 70-35 で35年間働きます
手取り金額は 560万×35年間 で1億9千600万円です

しかし この金額は何も使わなかった場合の金額です

これでは生活ができませんので 月の生活費を算出します
ボーナスを月計算に変換しますと 月平均約46万円となります
家のローン・車のローン幼稚園にかかる費用に生活費・夫小遣い等やりくりしても月に40万ほど掛かるとします
残り6万円を貯蓄に回したとして 6万×12カ月×35年間で2,520万円となります

あくまで仮定なので細かい事は省略しますね

貯蓄額は2,520万となりましたが これは単純計算です
実際にはこれだけ預金が残せるかも疑問です

なぜなら 家や車は資産のようで消耗品だからです
メンテナンスが必要なのです

35年前に購入した車をずーっと使用できる訳でもないし家も修繕をしないで住む事は出来ないからです

また お子さんの成長共に教育費が掛かります!
お年頃になると通信費や衣服費に結構な金額が掛かります!

子供が大人になるまでにかかる費用

子供一人に掛かる費用は1,000万と言われています
お子さんは二人なので2,000万円は軽く掛るという事になります!

家を買った当初はお子さんも小さく それ程お金も掛からなかったかもしれませんが 大人になるまでにかかる費用は上記の通りですので 35年前とは状況が変わってきますよね・・・確実に

世情や生活状況によって環境は変わりますから 一概には決めつけれません (奥さんも働いて家計を助けていく方法もありますから・・)

又細かい生活設計予定が立たないのも事実です
日々の生活を維持して行くだけでも大変ですからね

そこで提案です!

2~3年間の計画予定表なら可能だと思いますので 予定表を作成されて家計を管理してみてはいかがでしょうか?

未来予想図として利用できるのではないでしょうか?

 

年金生活準備年金受給・働き方

今働き盛りの30代40代のあなた!

今の若さでは老後などまだまだ先の話!
そんな35年も先の事など考えられない!
まだそんな年でもないし必要無い! と思われるかもしれませんが。。。

まとめ

今は考えられなくても確実に老後は訪れます!

その時に気づいて慌てるよりも 今気づいて対策をとった方が断然にお得ですよ

なぜなら のほほんとして老後の準備を怠って今慌てて対策に講じている私が言ってるのですから・・・間違いないですよ^^;)

次回も 『お金編2』として情報発信予定です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。