家計簿・生活費・管理

家計簿と○○を併用すると生活費の管理が明確になります。

こんにちは まる美です。

間違いだらけの家計費管理

家計簿・生活費・管理

まる美は家計費の管理が得意ではありませんでした。

今まで実行した家計費管理の数々

● 家計簿管理
家計簿を使用するも、出費集計か合わない。残高が合わない。
予定金額内に収まらず赤字になりやる気が無くなる。
レシートの内容と金額を転記する作業に疲れ挫折する。

● ふくろ分け家計管理
ふくろ管理を取り入れた家計管理をしてみる。レシート保存バージョン
費用科目別にふくろに必要予定額を振り分ける。
決して他のふくろからお金は出さないと決意しても・・・
足りなくなり補填している内に訳わからなくなり収拾不能。

● レシート集計管理
銀行の袋に毎日のレシートをためる。
レシート無い出費は銀行の袋に直に書き留める。
1月分のレシートを集計する。
給料日に用意したお金&不足分を預金より補填。
そこから出費集計分を差し引く簡単管理。
レシート保存袋。

この様なとても残念な生活・家計管理を続ける事数年・・・
毎月預金はしていたものの、結局足りなくなると(赤字)預金から引き出して生活費に補填する。

どうしてうまくいかないんだろう・・・

何が悪いんだろう・・・

一応は考えてみる。

無駄遣いはしていない。
ブランド品も買っていない。
外食を頻繁にしているわけでもない。
要る物・掛かる物にお金を出すのは仕方がないよね・・・
と、自分の管理能力の無さに言い訳!

あなたも思い当たる事ありませんか?

家計簿

家計簿・生活費・管理

再度家計簿を活用しだしたのは2年前です。
今度は前回のように途中で投げ出さないぞ!と心に誓う!

買い物レシートの品目・金額をこまめに転記。
週集計を取る。
費目別の週集計も取る。
月集計を出す。

やっぱり赤字だ!

そこで気が付きました!

家計簿は現金の管理が主になります。
銀行引き落としは通帳を見ればわかる事なので視野に入れていませんでした。
なぜなら、銀行引き落としにしているものは節約の対象ではないと思い込んでいたのです。

大変な間違いです!

そこで簡単に時間も掛けずに両方を管理する方法は無いものかと思案・・・

家計簿の中にも色々な集計機能は付いています。

光熱費集計表
公共料金集計表
クレジットカード管理表
ボーナスプラン表
ローン返済表
このように書き入れることによって一年間のお金の動きがわかり、次年度に活用できる親切な集計表です。

しかし、ズボラなまる美は複数の作業は苦手なんです。
面倒なことは避けて通るんです。

事実、今も利用していません。

なぜなら、もっと簡単で便利な集計表を作ったからです。

生活費集計表
(年間予定集計表家計簿・生活費・管理

それでは、家計簿活用にもう一つ手を加えるともっと生活費の管理が効率的に楽に楽しくなる方法をお知らせします

とても簡単です。

PC編

エクセルで年間予定集計表を作成します。

● 縦に費目 (生活費目全て 銀行引落・現金) 給料天引き以外全部

例:電気・水道・通信・保険関係・ローン・食費(概算)・こづかい・ets・・・
ここで、予定積立も入れておくと純預金額が明確となります。

● 横に月を設けます。最後に各費目集計欄を設けます。

● 縦横それぞれの小計欄を設けます。

● 集計は関数計算を入れると自動で計算してくれます。

● 最終欄に収入集計を設けてください。

● 収入合計から支出合計を引く数式を入れてください。

● 残高が預金可能額となります。

● 預金可能額も自動計算を入れて年間予定表を作る。 ↓イメージ表


1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 計
水道
公共
(必要費目)
食費
小計
収入
支出

預金残                                 年間預金額♡


※ 操作技能が低い為この様なイメージ表しか作れません。すみません。
(集計表はエクセルだともっと便利機能が使えます。)

PCが無くても大丈夫!
A4集計表を利用すればできますよ。
その場合は、予定集計表と実際の金額転記欄を作るともっと良いかもしれません。

年間予定集計表のメリット

この年間予定集計表のメリットをお知らせします。

● 一度作成したら金額を打ち込むだけ。複写可能です。
消しゴムが要らない。
● 前月の実績によって無理のない予算取りができる。
PCなので修正可能。
● 一年分の預金額がはっきり数字に表れるので思わず笑顔
● 預金を増やすための無駄を発見できる。←これが一番のメリット!
● 画面1枚で全てが見え、また、予見できる事。

事実、まる美はこの表を作成して実行して5カ月で100万の預金をする事ができました。

もちろん、預金の目的はリフォーム資金とはっきりした目標があります。

預金が貯まっていくと同時にリフォームの夢も実現性を浴びてきます。
実際工事予定も立てやすくなり、リフォーム後を思い浮かべると楽しい気持ちになります

きつきつの節約してるんでないの~?と思われるかもしれませんがそんなことはありません。

なぜなら、『無駄』を見直しただけだからです。

食費にかかる金額は減少しましたが『質』は落ちていませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。