賢くまとめ買いをするコツとは?チラシ利用法

こんにちは まる美です。

毎日の食事の献立 大変ですよね。
冬は特に食材の買い出しが辛いです。
だって、ここは北海道。毎日 -10℃~20℃近くまで気温下がるんです。

しかし、人間食べないと生きて行けませんから・・・

ところで、あなたはどのように食材の買い出しをしていますか?
『必要な時に必要な物を』派ですか?
『一週間分をまとめ買い』派ですか?

人それぞれ家族構成や生活パターンによって違いはあるでしょうが、今回は【節約できる食材の買い出しの仕方】をご紹介します。

 

まとめ買い

 

食材を一週間単位でまとめ買いする人結構多いですよね。

私もまとめ買いするんですが、レジに並んでいると、年配のご夫婦や若いご夫婦がお子さん連れで大量の食材を購入しているのをよく見かけます。

この、『まとめ買い』何を基準に買い物しているのでしょう?
一週間分の献立メニューを作っての買い出しなのかな?
それとも、チラシのお値打ち品?

この時の二組のご家庭の購入額 10,000超えていました。

年配のご夫婦は二人暮らしのようで、お惣菜や果物など高価な品が数点、お酒類も買われていましたね。

若いファミリーは四人家族のようで、お子さんは5才と2才くらいでしょうか。
カゴふたつが山盛り。
お子さんが小さいから男手がある時に大量買いなのかな?

『節約』=『まとめ買い』 と言われているけれど、この買い物の仕方で本当に節約?になるのでしょうか?

一週間の献立

あなたは、一週間の献立メニュー考えつきますか?
もし、考えつくとしたら、きっとあなたはお料理上手なのですね。
食材も無駄なく使いまわしできる事と思います。

では、料理が得意ではなく、食材の買い出しも難しく感じている方はどうでしょう。

まとめ買いのデメリット

● 安売りの商品だからと衝動的に買ってしまう。

● 必要な分量がわからない。ついつい多めに買ってしまう。

● 食材を使い切れない、結果腐らせて投げる。

このような食材の買い出しの仕方、以前の私です。
以前は、3日に一度の買い出しで、行くたびに安売り品を衝動買い。
おかげで我が家には、調味料のストックが数本は在庫していました。

油5本・マヨネーズ4本・お味噌3ケ等など・・・
毎月毎月この様な買い物の仕方をしていては、支出コストは下がりませんよね。でも、自分では節約しているつもりだったんですよ。^^;)

では、どのような買い物の仕方をすると良いのでしょうか?
まとめ買いが得意でない方、少しでも家計の食費を節約したい方必見です。

これだけでも節約になります。
簡単なので是非試してみてください。

覚える品数も少ないです。

常備品の活用方法

特売日のまとめ買いで毎月気に留めている事があります。

それは、常備品です。

この常備品とは、ストックしておくべきものの事です。
なぜ必要かと言うと、ストックして置かなかったばかりに、高い価格で商品を購入しなければならないからです!

野菜類の中では、ジャガイモ・たまねぎ・人参 この3品は万能野菜なので、常に切らすことなく、安値の時に購入!

調味料は、油・醤油・味噌・ この3品は常に2ヶは常備!
マヨネーズ・ケチャップ・ソース・麺つゆ・みりん・料理酒は常に1ヶ常備!

最初はまとまった金額が必要となりますが、それ以降は定価で買う事はありません。

注意点としては、ストック0にしない事、最後の品が使い切らないうちに、特売日の底値で購入しておく事。1個使ったら1個補充。

スーパーのチラシはライバル店のチラシを見比べてみましょう。
多分、同じような品が価格競争していますよ!
特に調味料関係は安値がはっきりわかりますよ。

参考にしてみてください。

私もお料理も得意ではないし、倹約家でもありません。
しかし、今後消費税は10%になります。

いくら食品の消費税率は据え置かれても、その他の物は2%税となるのです。

入ってくる金額は変わらないのにでて行く金額は確実に増えます。

仮に今まで、30万で生活していたとします。
実質、276,000+24,000の税が今後は更に6,000円使用不可となります。

大きいですよね。
今までの生活を維持しながら、この分を節約しなくてはならないのですから・・・

あなたも、是非今までの買い物の仕方を検討して、安くて良い品を買う賢い買い物術を身につけてください。

この9品だけでも、定価-安値=20円あったら月に180円の得。
年間だと、2,160円となります。
消費税8%で173だから¥2,333の節約となります。

たかが、20円 されど、20円ですね。
この 物の価値・お金の価値をあなたはどう思いますか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。