老後生活 楽しみを見つける工夫を・・・

こんにちは まる美です。

前回は スローライフとミニマリストの違いと今後の老後生活にはどちらも取り入れて生活をしていく必要性をお話しました

今回は 自分の時間について載せています
あなたの今後の人生の選択肢の参考となれば幸いです

趣味や楽しみ

老後生活・楽しみ・工夫

あなたには 心がわくわくしたり 心が満たされたり満足感や充実感を得られる趣味や楽しみはありますか?

30代40代の 子育て真っ最中のママさんは自分ごとは二の次ですよね

一日24時間!

多分 子供中心で生活は回ってますよね~

その中でも 趣味や楽しみを持って 活動的に時間をやりくりされている方もいるでしょう
その様な方には無用な提案だと思いますのでスルーしてください^^;)

今回は 子育てに没頭されて 自分ごとが後回しになっている あなたへ宛てたお話です

子育てを終えてから

老後生活・楽しみ・工夫


子育てを終えたあなたは 今いくつですか?

実際 お子さんに手が掛かるのは 小学校まででしょうか?

小学校高学年からは 行動範囲も交友関係も広くなり 親より友達になりますよね

何らかのクラブにでも属していればその関係で親が付き添うこともあるかもしれませんが・・・

例えば 柔道・水泳・体操・ダンス・スキー関係ets・・・

そうでなければ 親と子が共有する時間は段々と少なくなりますよね

淋しい気もしますが一方で解放された感じも有りますよね^^)

そんな自分だけの時間が増えてきた時 あなたは何かに挑戦したいと思うかもしれません

例えば 資格を取るための勉強を始めるとか・・・

また 何も考えつかなく何もしないかもしれません

または 子供に掛けていた時間が空いた分 パートなど働く時間にあてるかもしれません

兼ねてから興味を持っていた趣味に時間を充てることもあるでしょう!

色々な選択肢がありますよね

まる美もそうでしたから・・・

下の子が中学に入った事をきっかけにパートで働く事を選択しました

男の子だったから特にそうなのかもしれませんが 授業参観も学校行事も来てほしくない雰囲気満載!!!

それでも行きましたが・・・

行く事によって知る情報は多々ありますからね~^^;)

それでも中学までですかね?

親が介入できるのは・・・

余程の場合を除いてですが・・・

子供に掛ける時間や共有する時間は減りますが 子供にかかるお金は増えていきますよね

まる美の子育て時代は 上の子の時にはピッチから始まり携帯が出初めましてね
よく子供が口にする 「みんな持ってる!」主張に踊らされ 親馬鹿丸出しで携帯持たせたら 携帯料金が凄い事になったり・・・

まあ わたくし事はとにかくとして

今の時代もさほど変わりはなのではないでしょうか?
学校や塾にととにかくお金は掛かりますよね!

子育てがひと段落ついたと思ったら 今度は生活のたしとなる為にと働き始める・・・

なかなか 自分だけの為には 時間もお金もかける事が出来ない・・・といった所が現実でしょうか?

あなたはどうですか?

50の手習い

しかし 考えても見てください!

親としての責任は 子供が20歳になった時点で一区切りがつきますよね

たとえ学生であったとしても 世の中的には社会人ですから・・・

なのでその様な機会をきっかけにあなたも子離れをされて 自分の為だけの時間を有効に使ってはいかがでしょうか?

何故この様な提案をするのか?

それはこの様な理由からです

まる美は 上の娘が結婚した時に凄い虚脱感にに襲われてしまったのです!

自分でも不思議な感情でした

頭では理解しているのに心が悲しくて寂しくて仕方無いのです!

仕事に行けば職場の仲間もいるし 家に帰ってきたら夫も下の子も二人居るにも拘わらず 何故か溜息ばかりがでるのです

今思い出してもとても不思議な感情でした・・・
下の子が結婚した時には何もならなかったので 娘に対しての特別な感情だったのかもしれません

しかしこのままではいけないと思っていた所 縁あって犬を飼うこととなったのです

この犬かまた人懐っこくて 抱いた感覚が赤ちゃんを抱いているようで・・・

あたりまえの事ですが 犬は自分では何もできませんので お世話をしなくてはなりません!

食事のお世話に排泄のお世話
お散歩に遊びにと結構手が掛かります!

昔全盛期で子育てをしていた時のような充実感が戻ってきました

この事がきっかけとなり これからの自分・・・
自分の人生・・・
老後を考え始めました!

ちょうど48~49歳でしたね~^^)

50の手習い☆ 
何しようかなぁ~みたいな感じから始まりましたねぇ

特別趣味も無く 芸も無く 知識も無く・・・
そうなんです
無い無いおばさん (笑)

あれから5年経過

今やっと自分の趣味と呼べるものと出会えました

このメリットは絶大です!

まず 子供たちに対しての関心が薄れた
時間があったら犬の服を作ったり 夏場の間は自分たちの食の足しに野菜を作ったり またこのようにプログに記事を投稿したりと時間を有意義に使っております!

毎日 時間がたつのが早いです
一日があっという間に終わってしまいます!

それは きっと 心が満足・充実しているからだと思います!

是非 あなたにもこの様な気持ちを味わって頂きたいと思います

今は子育てに忙しいあなたにも いつかは訪れる自分だけの時間
今から色々 想像するだけでも楽しいと思いますよ~

 

老後生活 スローライフを目標に!

こんにちは まる美です。

今回は老後生活の理想を探ってみます!
あなたは定年後の生活設計持っていますか?

スローライフ

老後生活・楽しみ・工夫

『スローライフ』ってご存知ですか?

良く耳にするけれど 人に説明できるほどではなかったので 改めて調べてみました

『スローライフ』の意味

のんびりと過ごしながら人生を楽しみ 生活の質を高めようとする事!
だそうです

ついでに 『ミニマリスト』の意味も調べてみました
持ち物を出来るだけ減らし 必要最低限の物だけで暮らす人!
だそうです

以前見たドラマの中で 自給自足をしながら生活している姿をプログで発信している人を カリスマミニマリストと呼んでいたので 自給自足がミニマリストだと認識していたら全く意味合いが違った・・・ ^^;)

便利な都会の生活を捨て あえて不便な田舎暮らしの中で 必要最小限の物の中で暮らす豊かさをプログ発信している役柄だったのだと 今更ながら 『あ~っ そうだったのかぁ~』と納得しております

良かったです! 調べてみて・・・

飛んだ勘違いで恥をかくところでした ^^;)

自給自足の生活

老後生活・スローライフ


定年退職してからの生活設計をする中で 都会の生活を離れ 田舎暮らしを選択される方も多いと聞きました

定年後 第2の人生を 『農業』で・・・

金スマの番組内で 『ひとり農業』というコーナーがあります

あのような生活スタイルを求めて 農業に取り組まれるのでしょうか?

しかし 現実には中々厳しいようですね~

自給自足出来るまでの農作物を作るとなると かなりの農地が必要になります
また 身体的に体力が衰えてからの農業労働となりますので 余程の覚悟と忍耐が無ければ成り立たないようですよ・・・

また 農家の方たちの独特なお付き合いも相まって その環境や人間関係に中々馴染めないということもあるようですよ・・・

第2の人生をと一大決心で他県に移り住み 結果あきらめざる負えないでは悲しすぎますよね・・・

理想の生活

まる美も今年から 農地を少し借りて家庭菜園をしておりますが 自分で作った作物は安全ですし新鮮です!

作業している間に流れる時間は とてもゆったりしていて 心もゆったり・まったりします(*^ ^*)

澄みわたった青空も吹く風も 流れる汗にとても心地よく 有意義で贅沢な時間を過ごす事が出来ました!

しかし 天気の良い日ばかりではありません

梅雨の時期が無いといわれている北海道ですが 今年は雨が多かったです
また 昔に比べて四季が変わってきたようにも思います

 

作物は天候に左右されるので いろいろ難しいですね

この辺の詳しいお話は次回にさせて頂きますね

つまり スローライフをしながら 少し大きめの家庭菜園を行うくらいなら 過度な出費もリスクも少なくて済むのでは・・・?と思うのです

のんびりと贅沢な時間と質の良い・安全な野菜達!!!に囲まれて過ごす生活

あなたはどう思いますか?

まとめ

次回は まる美の 『スローライフ』をお送りします

宜しければ コメント・ブックマークして頂けると大変うれしいです
よろしくお願いしま~す

豊かに暮らすとは?老後生活『人間関係編』

こんにちは まる美です。

時節柄連続ドラマが次々と最終回を迎えてしまいます(涙)
楽しい時間だったのに・・・

これからは特番中心ですね!

刻々と 平成最後の年末が近づいてきますね

まる美も来週から大掃除を始めます!

 

人間関係

豊かに暮らす・老後生活・人間関係

あなたは 『人間関係』という言葉で何を連想しますか?

親しい友人ですか?
会社の同僚ですか?上司ですか?
ご近所の人々ですか?
お子さんの学校関係の人ですか?
親類の方ですか?
習い事の・・・ 数えあげれば限がないほどですよね

しかし 人間関係は生活状況によって変わっていきます

子供が幼稚園・小学校・中学校に通っていた時は 同じ学区内であるという枠組みの中 PTA関係等のお付き合いもあり親しい友人が出来たりしますよね

私の経験上では 割とグループでの付き合いが多かったような気がしますね

子供が親しくしている○○ちゃんのお母さんとか
スポーツをしていた場合のママさんグループとか
習い事が同じとか・・・
時にはランチグループとか
お互いの情報交換の場所ですよね

しかし 子供の成長と共に 高校生になり学区という枠組みが無くなると自然と会うことも無くなりましたね

会社を退職したら 上司や同僚とも付き合いは減ってしまいますよね通常は・・・

会社という枠組みとは別に 個人的に親しくしている方などは除いても普通は形式的なお付き合いとなってしまいますよね

親類にしても余程積極的に交流をしなければ 年賀状などの挨拶的なお付き合い 冠婚葬祭での顔合わせぐらいでしょうか?

逆にご近所の方の方が お互いの生活状況を把握し合っているような気がします

それも自分が関心を持って ご近所付き合いをしていればの場合ですが・・・

極端な話 『人間関係』 を求めて働きかけたら広がるけれど働きかけなかったら人間関係は築けないという事になってしまいすよね

交流の必要性

豊かに暮らす・老後生活・人間関係

不幸にも 老人破錠をされてしまったAさんのお話に戻りますね

Aさんは ご自分の問題ごとを人に話す・相談する事が恥ずかしい
自分のプライドが邪魔をしたと後にお話しされておりました

極地の状態にもかかわらず お子さんにさえも相談されませんでした

確かに親としては 子供に 不甲斐ない姿を見せる事は屈辱だったかもしれません

しかし 知人や福祉の方に相談することはできたのではないでしょうか?

Aさんがマンションを購入された時
奥さんが認知症になった時
入院施設を決めた時

Aさんはマンション購入の前に持ち家を処分されています

この持ち家の処分の際には不動産屋さんが関係しています
少しでも高い金額で売る為には複数の不動産と交渉された事でしょう

その中の一つの業者さんを信用して転売をお願いした訳ですから もっと具体的な人生設計も相談されていたら もっと専門的な知識を教えて貰えたのではないでしょうか?

専門家の見解を基にマンション購入を検討するとか・・・
第二の人生の生活基盤を見直すとか・・・

奥様が認知症になった時も 診断された病院経由で福祉の方を紹介してもらうとか 病院内のソーシャルワーカーさんに相談するとか
選択方法はあったのではないかと思います

つまり 何が言いたいのかと申しますと・・・
Aさんは その時 その時の 人間関係を築けなかった又築かなった事が老人破錠を招いてしまった一つの一因なのではないのか? とまる美は思ってしまうのです

物事をすべて把握して知識を持っている人が この世の中にどれほど存在するのでしょうか?

知らない知識は 知ってる人から教えてもらえば済む事です!
また 知らない事は調べることで解決する事もあります!

一人で抱え込んでしまってはいけません!

自分の知ってる限られた知識を信じることを否定している訳では決してありません
専門の知識を持ち合わせている人の力を借りることで状況が改善される事も多々あります
人の知識や力を利用する事は損な事ではありません!

豊かに暮らすとは? ~~編 と題しまして 問題を提起してきました

年金生活に限らず 『お金』『健康』『人間関係』全てどんな年代にも大変必要な事だと思います

現役を引退して年金生活になってしまうと 生活範囲が狭くなってしまいます

65歳過ぎたら 自ら積極的に行動して交流関係を広げ育てていく事は重要だと勉強させられました

あなたは どう思いますか?
あなたの人生の得となる情報であれば幸いです

豊かに暮らすとは?老後生活『健康編2』

こんにちは まる美です。

毎日寒いですねぇ~ 体調崩してないですか?
私は 鼻が少しぐずぐずしております
インフルエンザ君も登場してきているようなので うがい・手洗いを怠らないように心がけます
予防接種も検討中です!

今年はインフルエンザ A型みたいですよ!
あなたも気を付けてくださいね

健康

豊かに暮らす・老後生活・健康

あなたは 健康であるために何かしていますか?
ヨガであったり ジムであったり ダイエットであったり・・・

昨今 シニア世代の方の 「健康」のための活動がTV等でとりざたされてますよね

脳トレーニングであったり 脳トレを取り入れた体操であったり・・・

ディーサービスで 元気に明るく生き生きと利用者さんが楽しそうに挑戦している番組を拝見した事があります

昔から ボケ防止には指先を使うのが良いとか 頭を使うのが良いとか言われていましたが・・・

昨今は ディーサービスや介護施設や町内の老人会などを中心に レクリエーションとして 麻雀や花札(ギャンブル性のあるもの) お金の計算が必要なゲーム等も取り入れられたり・・・

軽快な曲でスロー体操なども人気のようです!

お金が絡む遊びには 人間の 本能習慣? なのか アドレナリンが活性化されて脳の働きが良くなるのか? 真偽は良く解りませんが お年寄りの方の意欲が増して人との交流や積極性が認められるのだとか・・・(施設の方の説明がありました)

施設利用者の方はディーサービスに来る事を楽しんでいるとのお話でした

何にしても 生きる喜び 楽しみがある という事は喜ばしい事です

脳トレーニングも 指を使ったゲームを中心に行われていました!
単純なメロディで テンポ良く それでいてお年寄りの状態に合わせた指導をされていました

みなさん夢中になって 出来なくても笑顔で何度も挑戦されておられました とても微笑ましかったです(^^)

右手と左手は常に違う形を要求されるので やっている内に ごちゃごちゃになってしまうんですよねぇ~
一人のご婦人が 「ごちゃごちゃ~♪ごちゃごちゃ~♪」と 満面の笑顔で挑戦されていました(^^)

それにつられて参加者さんが全員 笑いましてね・・・(^^)

集団で 『笑う』!という行為にも重要な意味があるのではないかな?と感じました

年をとっていくと 人との交流も自然と減ってしまいますから 意識して人と接していく!
またその様な場所を求める行為はとても素晴らしい
とても必要な事だと思いました

100歳時代! と呼ばれる背景にはこのようなご本人たちの 「健康でいるため」の努力も含まれているのかもしれませんね

ぐーたらな まる美は見習わなくてはいけないと反省いたしましたm(・  ・)m

病気になった時の対処法

豊かに暮らす・老後生活・健康


病気になった時! 通院にしろ・入院にしろ 『医療費』が必要となります

医療費の自己負担  (一般所得者の場合)

70歳未満      3割負担
70歳~74歳まで   2割負担
75歳~       1割負担 となっております。

あなたは 『医療費』 どのように用意されていますか?

風邪などの突発性の病気の時は 月の家計費から用意しますよね

では 【長期の入院】 の場合はどうでしょうか?

豊かに暮らす・老後生活・健康

長期の入院の場合 「高額療養費制度」 の手続きをされる事をお勧めします
所得収入にもよりますが自己負担額が少なく済みますし 今は病院側からこの制度の説明もありますで 入院と同時に手続きをされた方が簡単に済みますよ!

また 後日 高額医療の確定申告を行えばお金は戻ってきます!
(ただし 一時立替となります)

入院には 保険で賄える医療費と 食事や寝具やパジャマ等の保険対象外の自己負担雑費が発生します

それでは 実際どれぐらいかかるのでしょう?

以前 生命保険の担当者さんと入院日額補償の額をいくらにするか?
を相談した時に 今の時代は一日10,000の補償額でちょんちょん位ですね!とのお言葉でした

実質経費と同額位との説明を受けた事があります

事実 一昨年 夫が検査入院のために一週間お世話になった時にそのぐらいの金額が掛かりましたね~

一週間で8万●●●円払いました
このときは他にも高額医療が発生していたので  確定申告手続きを取りましたが・・・

生命保険の入院特約なども新しい条件に見直しを掛けていたことも幸いしました

生命保険から払われた金額は 入院費よりも多少多かったので 実質出費は無し!となりました

毎月の掛け金を支払っていくのは家計的には大変ですが このような入院を経験すると 掛けていて良かった! 生命保険! となります♪

若くて健康なうちは掛け金も安く 選べるタイプも多いですよ!

万が一の時の為に 【転ばぬ先の杖】として 生命保険を用意しておく方法も選択肢の一つとしてみてはいかがでしょうか?

生命保険は年齢が進めば掛け金が増えていきます!

年金生活の中から生命保険料を支払っていく事が負担となり 解約される方も多いと聞きます

しかし 今は長寿社会なので補償が無くなるの怖くないですか?

現在の死亡保障を減らすとか 入院保障だけの掛け捨て保険にするとか 色々方法はあります

保険内容を見直すことで金額を抑えることもできますよ♪

高齢になれば医療費の自己負担は1割になります
ですが 高齢になれば病院にお世話になることも多くなります

せめて75歳までは 生命保険で補償を補っていくことを検討してみてはいかがでしょうか?

あなたはどのような選択をしますか?

あなたの今後の生活の徳となる情報である事を願います

豊かに暮らすとは?老後生活『お金編2』

こんにちは まる美です。

北海道は昨晩から寒波に見舞われとても冷え込みました^^;)
外には出たくありませんが雪かきをしなければならないので仕方なくお外へ・・・出たついでに買い物も済ませて・・・

スーパーでは お正月の商品が目立つ所へディスプレーされています
奥様達もチラシ片手に商品を吟味しておられました^^)
寒さにも負けずに・・・流石でございます

前回に引き続き 老後を迎える準備の参考として『お金』についてのお話を掲載しますね

老後資金について

豊かに暮らす・老後生活・お金

前回お話した 『老後資金 いくら準備できますか?』
の続きとなります。

「老後資金いくら必要なの?」の問いに 色々な専門家や投資アドバイザーの方は様々な見解を述べておられます

そのさまざまな見解から最低でも 『老後資金は3,000万は必要』との定義が出来たようです

退職金が2,500万円あったと仮定して 1,000万~1,500万最低でも必要!
この見解を基準に老後の生活をシュミレーションしてみました

夫婦二人の年金生活が始まりました (二人とも65歳です)
貰える年金は二人合わせて24万円です
家のローンはありません その他の借金もありません
この様な設定をしました

家のローンがありませんので家賃は発生しません
(年金以外の収入は無いので国民保険料は天引きとなります)

月の家計予定費表

食費(二人分)   70,000
水道光熱費    20,000
任意保険料    40,000
車維持費     10,000
車任意保険料   5,000
ガソリン代    10,000
交際費      20,000
通信費      10,000
医療費      10,000
日用品      10,000
雑費        5,000
(小計) 210,000
貯蓄       30,000  年間貯蓄額 3万×12カ月=360,000
(合計)  240,000
紙上での計算では黒字ですね
年金収入288万円で36万円の余除金が出ましたので
年間生活費は252万円で暮らせる事になります

ゆとりある老後生活となりました!

しかし このモデルケースは全くの借金が無い
退職金は2,500万受け取った
預金も1,000万~1,500万有る
この事が前提なのです!

今のご時世退職金が2,500万も出る会社って大手企業位ですよね^^;)

では 中小企業・零細企業・個人事業所に従事されている方はどうなるのでしょう?

上記のような生活を目指すとなると 自力での預金額は4,000万円必要!となってしまいます

果たしてそれだけの預金を準備するとなると・・・
20代30代から用意をしなくてはならなくなりますよね^^;)

老後破錠

豊かに暮らす・老後生活・人間関係

あなたは 『老後破錠』という言葉を聞いたことはありますか?

私が聞いたお話は衝撃的でした!

Aさんの体験したことを聞いてください!

Aさんは大手企業に勤務
60歳で定年
持ち家
マイカー所有
借金無し
退職金4000万
預金  3000万
子供3人 それぞれ独立
夫婦二人暮らし

Aさんは60歳の停年退職を機に 今後の老後生活を考えて持ち家を処分し生活の便利性を考え都内のマンションを購入したそうです
その時にマイカーも処分されたそうです

持ち家の売却金と退職金3000万を出して マンションをでキャッシュで購入!

預金残 4000万

まだまだ 余裕!生活は預金で大丈夫! その様に思っていたそうです

通常年金の開始は65歳ですが 大手企業勤務のAさんは62歳から特別支給の老齢厚生年金がを受け取る事となっていたからです

実質 月30万×12カ月で360万 2年間で720万 預金を切り崩せば生活は成り立ちます

所が マンションに越して1年経過した頃に奥様が 『認知症』を発症されたそうです

自宅介護が出来ないAさんは 奥様を 『施設』に入れることにしたそうです

奥様に愛情も感謝もしていたAさんは 『認知症に適した施設』を選んだそうです

その施設は 『特別養護老人ホーム』でした 入所金に3,000万弱の費用が必要だったそうです

大変な金額の出費でしたが それでも1,000万程は残っているので大丈夫と楽観視していたそうです

所が その後 Aさんの生活は一変! 破錠してしまうのです!

理由は 奥さんの介護にかかるオムツなどの実費費用
マンションの管理費用 自分の生活費

今まで家庭の管理は奥様がしておられたのでマンションの管理費が毎月かかる事をAさんは知らなかったらしいのです

毎月30万で生活をしていたら たちまち預金は底をついてしまいます!

奥様の介護に必要な経費に10数万 マンションの管理費に自分の生活
生活を切りつめても月に20数万は掛かってしまう

その様な生活状況にも拘わらず Aさんは誰にも相談しなかったそうです!

大手企業勤務のエリート人生を歩んできたAさんにとって 『お金』の話をすることは非常にプライドが許さなかったのだそうです

Aさんは65歳の年金を受給するまでの生活を現時点の預金では賄いきれなくなりマンションを転売してアパートに移り住んだそうです

まとめ

Aさんの体験した 『老後破錠』いかがでしたか?あなたはどのように感じましたか?大手企業に勤めて退職金も預金も沢山あって・・・それでも生活が破錠してしまう!

考えさせられてしまいますよね^^;)

次回は Aさんが体験した 『老後破錠』を基に健康について お話したいと思います

あなたの今後必ず訪れる老後の生活の参考にして頂けましたら幸いです

豊かに暮らすとは?老後生活『お金編1』

こんにちは まる美です。

日に日に寒くなりましたねぇ~
寒いと動くのがおっくうになってしまいます^^;)
益々 ずぼらに磨きが掛かります しかし 今は師走!
老体に鞭を打って辛うじて行動しております^^

今回は『老後の生活』について
豊かに暮らす為には何が必要なのか・・・
一番必要なことは何か
についてをお話しますね

これからのあなたの生活の参考となれば幸いです

『お金』について

豊かに暮らす・老後生活・お金

人として生活していくうえで欠かせないアイテム=お金!

沢山あれば裕福 少しであれば貧乏 ほどほどであれば中流家庭とでもなるのでしょうか?
かなり乱暴な振り分けですね すみません m(.  .)m

言い方を変えますね 裕福=セレブ 貧乏=下流老人 中流層=何と呼ばれるのかな? 中流シニアとでもなるのでしょうか?

中流シニアと呼ばれている人たちの年収所得は700万前後と言われています
また 下流老人と呼ばれている人の年収所得は400万台だそうです
それではセレブと呼ばれている人の年収所得は1000万以上となるのでしょうか?

この年収所得額は厚生省の統計を基準に公表されている額のようです

まず 中流家庭を基準に老後の生活問題を シュミレーションしたいと思います

提示されている年収所得700万について

これはあくまでも年収所得なので 手取り年収ではありません
サラリーマンであれば月の所得から社会保険料・年金・源泉所得税・市.住民税等が差し引かれます

また ボーナスは月の収入所得税率とは違う税率になりますので計算方法が異なります しかし社会保険料・年金・源泉所得税・市.住民税は引かれます

多分700万に対して2割位は天引きされていると思われます
その計算でいきますと手取り年収は 約560万位でしょうか?
(扶養人数によっても変わりますので ここでの話の都合上おおよその概算金額とします)

一般的な中流家庭モデルとして

ここでの仮定のお話情の家族構成を造りました
夫35歳 サラリーマン
妻32歳 専業主婦
子供2名 5歳と3歳 幼稚園
持ち家 新築支払 0年
家のローン35年 残35年
支払方法 ボーナス払い有
マイカー所有 ローン有
と仮定します

老後資金いくら必要?

豊かに暮らす・老後生活・お金

 


これからの年金受給年齢は70歳からと言われています
なので70歳定年と仮定して計算しますね

定年まで 70-35 で35年間働きます
手取り金額は 560万×35年間 で1億9千600万円です

しかし この金額は何も使わなかった場合の金額です

これでは生活ができませんので 月の生活費を算出します
ボーナスを月計算に変換しますと 月平均約46万円となります
家のローン・車のローン幼稚園にかかる費用に生活費・夫小遣い等やりくりしても月に40万ほど掛かるとします
残り6万円を貯蓄に回したとして 6万×12カ月×35年間で2,520万円となります

あくまで仮定なので細かい事は省略しますね

貯蓄額は2,520万となりましたが これは単純計算です
実際にはこれだけ預金が残せるかも疑問です

なぜなら 家や車は資産のようで消耗品だからです
メンテナンスが必要なのです

35年前に購入した車をずーっと使用できる訳でもないし家も修繕をしないで住む事は出来ないからです

また お子さんの成長共に教育費が掛かります!
お年頃になると通信費や衣服費に結構な金額が掛かります!

子供が大人になるまでにかかる費用

子供一人に掛かる費用は1,000万と言われています
お子さんは二人なので2,000万円は軽く掛るという事になります!

家を買った当初はお子さんも小さく それ程お金も掛からなかったかもしれませんが 大人になるまでにかかる費用は上記の通りですので 35年前とは状況が変わってきますよね・・・確実に

世情や生活状況によって環境は変わりますから 一概には決めつけれません (奥さんも働いて家計を助けていく方法もありますから・・)

又細かい生活設計予定が立たないのも事実です
日々の生活を維持して行くだけでも大変ですからね

そこで提案です!

2~3年間の計画予定表なら可能だと思いますので 予定表を作成されて家計を管理してみてはいかがでしょうか?

未来予想図として利用できるのではないでしょうか?

 

年金生活準備年金受給・働き方

今働き盛りの30代40代のあなた!

今の若さでは老後などまだまだ先の話!
そんな35年も先の事など考えられない!
まだそんな年でもないし必要無い! と思われるかもしれませんが。。。

まとめ

今は考えられなくても確実に老後は訪れます!

その時に気づいて慌てるよりも 今気づいて対策をとった方が断然にお得ですよ

なぜなら のほほんとして老後の準備を怠って今慌てて対策に講じている私が言ってるのですから・・・間違いないですよ^^;)

次回も 『お金編2』として情報発信予定です