主婦は大忙し!【師走】 手抜き大作戦!

こんにちは まる美です。

平成最後の年も残すところ25日となりました!
昭和に生まれ平成となり・・・一生のうちに3度年号が変わるなんて^^;)
そんな感傷に浸る時間も惜しい 今は 【師走】!
主婦の方はこの言葉だけで忙しい気持ちになってしまいますよね^^;)

今回はそんな大忙しの主婦の敵 【大掃除】のお話をしますね
宜しければ少し休んでいってください

大掃除

 

街中はイルミネーションで着飾れキラキラしてますね~ 綺麗ですね~
なんて言ってる場合ではありませんよね!

今月は一年の中で一番忙しい やらなければいけないこと満載!
もう主婦の方は大忙しです!

25日までに年賀状を作成して→郵便ポストへ
クリスマスも近いので子供たちへのプレゼントも用意しないと・・・
あるいはお孫さんにという方もおられるでしょう!

お勤めされている方であれば忘年会も催されますよね!

クリスマスが終わったら年越しの準備&大掃除!

そうです あれです! 【大掃除】

日本人伝統の・・・一年の敬は元旦にあり!
一年の締めくくり感謝をこめて大掃!新しい年を気持ちよく迎える為に・・・ですよね^^)

家のすすを払って・台所・お風呂・窓にカーテン・寝具も普段より念入りに・・おトイレも念入りにして・・廊下階段にワックスもかけなきゃ! あとは・・・

凄いですよね^^;)

ひと月の日にちは決まっているのに やらなければならない事が多すぎて日にちが足りません!!!  の状態ではないでしょうか?

効率重視

数年前までしてました 私も・・・
現在 やり方を変えました!

まず 窓は北海道は外気と室内の温度差がありますので 大掃除での窓ふきは効率が悪いので 窓の掃除は10月に終わらせてしまいます
春になって暖かくなったら念入りに窓掃除をする事にしました!
これで大掃除の中から窓掃除が消えました^^)

次に寝具類のお洗濯ですね!
シーツに枕カバー毛布に布団カバー 我が家は現在二人分ですが子供達が居た時は五人分ですからね・・・凄い量ですよね

なのでコインランドリーを利用しました! お高くつきますが1時間ほどで乾燥までしてもらえます! 労力に換算したら安いものです!

次に大変な場所 それは台所です!
何せ あの・・・あれ・・・ そう!【換気扇】【ガス台】

もう 毎回大変なので 年2回 盆と年末にするようにしました!
重曹に数時間浸けておけば汚れ落ちやすくなりますから・・・
少しお値段増しますが新商品のお掃除洗剤も重宝しますよね^^)

そうです! 労力と時間短縮の為にはお金かけるのです!!!
そうして楽をするのです^^)

後は普段通りのお掃除を遂行するだけです

ほどほどにご自愛を

ある時気が付いてしまったんです!
世の中の習わしに従って自分を追いつめていた事に!

自分は凄い綺麗好きでもないし 潔癖症でも無い
夫も家の中が散らかって無ければ余りうるさい事は言わないし気にもしていない・・・という事に!
(凄く几帳面な方には向いていませんので要注意です。)

なので ほどほどにする事にしたんです

ほどほどを意識し始めると もともとがずぼらな私^^)
もっと楽をするためにはどうしたらよいか? 考えました!

台所使用したらキチンと拭き掃除をするように心がけました
ほっておいたらコペコぺ!になってしまいますからね^^)

この方法お勧めですよ~ 台所の大掃除1時間もかかりませんから~

あなたも ご自分の身体の為にも心の為にも ほどほどにして・・・
この 【師走】を乗り切ってくださいね

 

 

生活に潤いを! エッセンスを一滴お届けします

こんにちは まる美です。

今回は 『潤い』に関するお話をします。

『潤い』と問われ頭に思い浮かぶのは 肌の潤いですかね・・・
これが 『生活の潤い』だとしたらどうでしょう? 何を連想しますか?
心の潤いですか? 金銭的潤いですか?
読んで頂けると幸いです

 

家事に育児にお仕事に

 

今の時代の女性は凄く働き者だと思います。 感心します!

家事だけでも大変なのに外に出て家計を助けたり お子さんを育てているのですから 本当に偉いなぁと思います!

今から遡ること25年前の自分の生活を振り返ってみました

私には三人子供がおりまして 下の子が小学校高学年になるまでは専業主婦をしておりました

一通りの家事を済ませ 一息つく頃にはお昼になってましたね~
要領も悪かったと思いますが・・・ その頃を思い起こすとゆっくりする暇が無いというか・・・あわただしいというか・・・^^)

習い事の送迎や学校行事 三人もいるのでめまぐるしかったですね~

パートに出て働き始めた頃には 上の子は高校生になっていましたのでそれ程手が掛かる訳ではありませんでしたが 家事と仕事の両立は慣れるまで大変でしたね (この頃になると手は掛からないがお金がかかる) ^^)

12月は特に大変! 年末のお掃除をしながらクリスマスの準備 子供が冬休みになりお昼の準備もしなくてはなりません お正月の準備もしなければなりません! しなければならない事が多すぎて凄くイライラしてましたねぇ~ 今思えば何故そんなに大掃除にこだわっていたのか?

話は変わりますが 今の30~40代世代の男性は積極的に家事にも参加・協力してくれるようですね
我々の世代の男性は『家事は女の仕事』の思想ですからねぇ~ 無協力でしたね
年越しを迎える頃には気が緩んで熱がでる ^^)
パートに出初めての2.3年はそんなお正月を迎えていました

昨今は電化製品が進化して 暮らしが格段に便利になった!という事もあるでしょうが・・・ とはいえ女性の労働量は今も昔も変わらないような気がします

なので お仕事もして 子育てもして 家事もこなしている

そんなあなたは本当に凄いです 素晴らしい人です!

頑張っている あなたへ

そんな頑張り屋さんのあなたは 自分のことは後回し!
お子さんや旦那さん優先!
思いやり溢れる心やさしい そして強い方なのです!

しかし 頑張りすぎると疲れてしまいますよ!

疲れると 心にもお肌にも潤いが足りなくなってしまうので気を付けてくださいね

そんな時は 自分の為だけの時間を設けてみてはいかがでしょうか?

例えば お風呂タイム!

お気に入りの香りのよい入浴剤を入れて ゆっくりと手足を伸ばして・・・ ふか~く深呼吸! そうして じっくり身体を温めてみてください
きっと潤いますよ

就寝前に 温かい紅茶を飲むのもお勧めです!
体が温まってぐっすり眠れますよ

自分へ宛てるべき言葉

自分の行いを誰かに認められたり褒められたりすると 心が満足して潤いますよね

またお金にゆとりがあれば 家事の労働を軽減できるグッズを購入する事も出来ますよね つまり身体も時間も潤いますよね

日々の生活に『潤い』 はとても必要で大切なものだと思います

ですから もし あなたの行い・日々の努力を誰も口に出して褒めてくれない時は どうぞご自分でご自分を褒めてあげてください

『あなたはとても頑張り屋さんで働き者ですね。今日もⅠ日ご苦労様でした』 と・・・

 

突然の不幸に見舞われてしまったら・・・最低限の準備!

こんにちは まる美です。

日増しに寒くなりましたね 北海道はとうとう根雪となりました
これから4ヶ月は雪の世界! 白と黒のモノトーンの景色となります (^^)

今回は 『も・し・も』のお話です

不幸な出来事

誰しも自分に不幸が降りかかってくると想像して生活している方はいませんよね?

自分だけは年も取らずいつまでも若くて健康で永遠に生きられると思っている方もおられませんよね?

しかし 日常の生活で 『も・し・も』  『万が一』ということも意識して過ごすことも少ないのではないでしょうか?

毎日毎日 ネガティブな事ばかり想像していたら気持ちも萎えて 病気でもないのに病気になってしまうと思いませんか?

厚労省発表 「平成29年人口動態統計」
を基にした
日本人の死亡原因

悪性新生物  27.9%
心疾患    15.3%
脳血管疾患   8.2%
老衰      7.6%
肺炎      7.2%
不慮の事故3.0%
現代人の死亡原因の1位は男女とも
「癌」
部位別で「気管支および肺」だそうです

 

会社にお勤めの方は健康診断が定期的に行われますのでご自分の健康管理ができます

今は膨大に膨れ上がっている医療費の削減の為 市町村も様々な定期受診補助を打ち出しています

専業主婦の方や自営業の方は積極的にこの制度を利用する事をお勧め致します

持病があって定期的に病院を受診されている方は 主治医に相談すると病名に付随する形で様々な検査もして頂けるので 改めて人間ドックを受けることもありませんよ

市町村が実施補助をしている検査項目であれは゛受診の際に合わせて検査もして頂けます

しかし病気通院で済んでいるうちは良いのですが これが 突然起こる不幸だとしたらどうでしょう?

例えば 交通事故 心不全 命にかかわる事態 だとしたらどうしますか?

その時の生活であったりその後の生活はどうなるのでしょう?

蓄えのある方は良いでしょう! 何の心配もいらないでしょう

しかし その様な裕福で余裕のある生活をしている人ばかりではありませんよね

例えば30代40代の働き盛りでお子さんも小さく蓄えもままならないという生活状態だとしたらどうでしょう?

例えば50代60代の年齢になっていたとしても 住宅ローンを抱えていたり
お子さんがまだ学生だったり 働き方改革で残業代がカットされたとかで収入(年収)が減っていたとしたらどうでしょう?

このような状況の生活の中 一家の大黒柱である夫が突然不幸な事に見舞われたとしたらどうしますか?

もう パニックですよね!

万が一の最低限の準備

やはり 『万が一』の事を考えた場合 『補償』を得る事が一番だと思います

(私は昔 ほんの少しの期間ですが生命保険会社に勤めた事があります
今の生保レディーとはかなり違いますし 私のいた部署は共済団体専門で更新手続きを主にしておりましたのであまり詳しくはありませんが・・・)
けして生命保険会社のまわし者ではありません ^^
しかし 自動車保険・生命保険を推奨します ^^

車を運転していて事故を起こした場合の損害補償額や病気になった時の莫大にかかる補償費用! 入院費用であったり最悪死亡した場合などのことを考えた場合

『保険』で『補償』を準備することがベストだと思います。

年齢が若いうちに契約しておけば掛け金もお安く済みますし健康であれば加入できる保険種類も沢山ありますからね

私のような年齢になって持病も持っていたら契約できる保険も限られますし掛け金も高くなりますから…

若くて健康な事はとてもおなことですよ

 『転ばぬ先の杖!』(先人のことわざ)ですね ^^

今はネット保険等手ごろな保険も用意されていますからご自分でメリット・デメリットを調べてみるのも良いと思いますよ

今回は少し心が重くなるお話だったので次回は明るい題材でお話したいと思います

 

家計費をスリム化する為に必要なこと!? それは・・・

こんにちは まる美です。

いよいよ12月に突入しましたね

スーパーのBGMはクリスマスソング♡
店頭入口は お歳暮コーナー
野菜コーナーには お正月用の山採たちが・・・
そして目につく至る場所には お正月用のお供え餅・・・

いつもの光景なのですが なんか面白いですよね (^^)

今回は 最大の敵であり最大の協力者のお話です!
最後に ☆プチ節約☆ も掲載しておりますので見てくださいね

 

家計費の見直し

 

家計簿を付けながら 今月を乗り切るために頭を悩ます・・・

あ~ これが~・・・あれが~・・・ もう少し減らせたら・・・

どれほど努力しても一人の努力では改善できるのは限られてしまいますよね

せいぜい食費と自分にかかる費用(服・化粧品・お友達とのランチ)くらいですよね

夫にかかる 『お小遣い』減らしたくてもなかなか減らせませんよね
だって外で働いていると何があるか判らないじゃないですか・・・

それでも 少しは協力してもらわないと改善は難しいのでこの様な方法をとってみました

1:  ひと月の間は都度(一週間の出費合計と内訳) 口頭での軽い報告!

2:  ひと月の集計ができたらそれを基に相談をする

3:  『お小遣い』の使い方を考えてもらう

4:  最後に未来の話をする

1:  ひと月の間は都度
(一週間の出費合計と内訳)
口頭での軽い報告を!

この内容は 食費・日用品にかかっている金額を報告しながら夫の使っている金額より少ない事を軽くアピール

しつこく言ってはいけません! あくまでも軽くですよ~

2:  ひと月の集計ができたら
それを基に相談をする!

今度はひと月の集計ですので 細かく分類がわかれ表示されます

例えば 食費=主食・肉類・野菜類・その他の食品・嗜好品ですね

我が家は二人とも酒好きなので嗜好品の金額が多いのです

家飲みなのでそれ程の金額ではないのですが 肉類に比べると約2倍は掛かってますからすぐに目に止まります!

なのでその内訳も金額で提示します
そこでいくら『節約』するにしてもどこまでするのかを相談します

夫は『晩酌する』を目標に一日仕事している! ←これポリシー
(結婚当初から言っている) なのでこれに対してはお互いの利害が一致しているので黙認 ^^

それぞれの家庭がありますのでこの辺は割愛致します。(参考までに)

3:  『お小遣い』の使い方を考えてもらう!

夫は煙草を吸うので お小遣いはほとんど煙草ちん!
お金が煙となって消える本当に無駄なお金!なのですよ~(と言ってる自分も昔は喫煙者ですが・・・)

しかし 本人曰く 吸わないと死んじゃう!らしい・・・
そんなことあるかいっ!!! ^^

酒にしても煙草にしても長年愛用しているから 本人としたらスティタス?なのかも知れませんね

しかしこの家計簿作戦を二カ月ほど行いましたら 自主的にお小遣いの使い方にも変化が現れました
何と お小遣い残高が出来たらしいです^^(喫煙本数を減らした?) ^^;)

もちろん 彼の努力なので返金を求めたりは致しません!

4:  最後に未来の話をしよう!

家計簿の相談をした後 必ず話す事があります

それは『未来の予定』の話です!

我が家は来年リフォームを予定しているのでその相談ですね

リフォームに幾らかかるか? 其のおをどこから捻出するか?
その為にはどうするか?

お互い目的は一緒なので 今の家庭状況を共有し協力し合うことを確認して話合いは終了となります

毎日毎日 お金の話ばかりをするのは言う方も聞く方もしんどいですが
一週間に一度だとそれ程でもないですし 自分ばかり我慢しているとか努力しているとか不満もおこりません
この方法は良かったなと感じております もし この方法があなたのお役にたてるようでしたら幸いです

 

☆ ブチ節約 ☆

今回は 『塩こうじ』 が題材です。

“塩こうじ” 一時ブームになりましたよね 覚えていますか?
今 塩こうじになっている商品を買うとしたら安くても300円台ではないでしょうか? 自分で作ったら200円くらいで出来ちゃうんですよね~

作り方は簡単 米麹と塩と水のみです
詳しい分量は米麹の袋に書いてありますよ一週間ほど常温で熟成させれば出来あがり
お魚にもお肉にも調味料(炒め物のたれ)としても使えてとても重宝です!

お肉にしてもお魚にしても数時間浸けておくだけで素材が柔らかく味もまろやかになりますよ ^^

我が家は『醤油こうじ』も常備しております 一度作ってみてください!
病みつきになりますよ

 

 

ケチと節約と倹約ってどう違うの? 違いを知ろう!

こんにちは まる美です

前回 ☆プチ節約☆ 小記事を掲載したのですが それに伴いまして今回はケチと節約と倹約のお話をしますね

そもそも私は 『節約』とは程遠い生活をしておりました。『節約』を意識した出来事を話しておりますので詳しい事はプロフィールをご覧ください。

自分が今生活に取り入れていること
それは 『ケチ』? 『節約』? 『倹約』? どれに当てはまるのか調べてみました

ケチと節約と倹約の違い

 

『ケチ』 :
ケチとは快適さや生活上の必要な事を犠牲にしてでも金銭その他の財産をため込もうとすること

『節約』 :
無駄を省いて切り詰めること 無駄使いを制限すること

『倹約』 :
お金を切り詰めて出費を少なくすること 「つつましく 質素な生活」

言葉辞典では この様になっておりました

この意味合いですと 生活に快適さや便利さは必要不可欠だし つつましい生活をしているわけでもありませんので 私は『節約』 の分類に当てはまります

あなたはどの分類ですか? といっても私も目覚めたのは数か月前ですから ^^ まったくもって新人さんですけども・・・

新人さんなので 色々気づくこと発見があるのです。今回はその事をお知らせしますね

胆振地震ブラックアウト

2018年9月6日3時7分
北海道胆振地方中東部を震源として地震発生!
地震の規模M6.7 震源の深さ37KM

この地震によって北海道全域でブラックアウトが起こり全ての電気が使用不可となりました

生活のほとんどを電化製品で賄っているのでこれは本当に困りました

私は地震が起きた事も感じなかったのでぐっすり爆睡しておりました
夫は赴任先で不在 愛犬のぷーちゃんも私が起きるまで一緒に爆睡!

目覚めて携帯を開いたら沢山のラインが・・・そこではじめて事の詳細を把握・ラインの返事を書いている内に動かない頭をフル回転!

まず 充電ができないので携帯電源を確保 水は使用できたので水を確保 電話は使用不能なので 夫実家とは連絡が取れません。年寄りなので様子を見に行くことへ 向かう前にコンビニでパンでも買っていこうと寄ったらもうすでに何もなく事の重大さに改めて気付く!

スーパーも数件寄ったが長蛇の列!仕方が無いのでそのまま実家へ
実家は地下水なので電気が使用できないと水も使用できません

しかし そこは長年の経験者! 多少の事ではうろたえません。水は自分たちで確保しておりました お米もガスで炊いてありました さすがです!
とりあえず明日は我が家から水を持ち込むこととし一旦帰宅

家に戻り 電気以外は使用できたので お米を炊いて カレーライス・豚汁を作りました 飲み水は畑の水やりように常備していた焼酎4ℓ用のペットボトルが4本ほどあったのでそれに確保 バスタブを掃除して水を満杯に確保

トイレも使用できたので(水洗だが流す事が出来た)被害としては最小限です

冷凍庫の物が溶けてしまわないうちに電気の復旧をと願っていたら 何と娘夫婦の居住地は電気が使用できると連絡が・・

すぐさま充電器を持ってお宅訪問! ついでに作った食料を持参して一泊させてもらいました 暗闇で過ごすことなく済みました

娘夫婦宅でTVにて被害の酷さを知る!こんな時こそ状況を知らせる何かが必要と感じた!お願いしますよ!市長さん!

私どもの地域は6日の夜9時頃には復旧しましたので本当に被害が少なかったのです

なので 胆振地方の被害にあわれた方々の事を思うと・・・本当に気の毒で・・・

この様な経験をしたことで水の大切さ節電の必要性に気付きまして こまめな節電と洗い物での節水を心がけるようになりました

「いつまでもあると思うな親と金!」ということわざがありますが「いつまでもあると思うな親と金と水と電気!」ですね ^^

楽しんで生活に節約を

この様な経験と今後のリフォーム計画と自分たちのこれからの老後生活等がありまして改めて『節約』 を意識した生活をするようになりましたねぇ~

だからと言ってケチケチな生活ではありませんよ そんな無理な生活は長くは続きませんし 第一心が萎えてしまいます!

目標があってそれに沿った節約はやりがいもありますし 一週間づつの集計で見直しや計画をし ひと月後の集計で黒字が出ると達成感もありますし楽しいですよ!

また 来月も頑張ろうと思えるし なにより預金額が増えるのが嬉しいですね♡

確実に貯まっていく金額を見ると自然と笑みがこぼれます♡

あなたも自分に合った『節約』を生活に取り入れてみてはいかがですか?

 

老後の生活 どう過ごしますか?

こんにちは まる美です。
今日は 現役を終え いよいよ年金生活を迎えたとしてのお話をします。
最後に プチ節約術も掲載します。
参考にして頂けましたら嬉しいです。♡♡♡

長~い 一日の始まり

いよいよ 夫が仕事を辞めて年金生活が始まりました。とします。

一週間ほどは長期のお休みみたいなもので 対して苦にはならないでしょう。

しいて言えば 三度の食事の準備と後片付けでしょうか?・・・

想像しただけでも面倒ですね~ ^^

それが 何十年ですよ~ お互いがあの世に行くまで・・・

毎日毎日 一日中 一緒の空間をともにするのです。

今まで一生懸命家族の為に働き続けてくれたのです。
文句を言うつもりはありません。邪魔者扱いも致しませんよ~
多分・・・^^

一般的には現役を引退した直後は 達成感だったり安堵感だったりでのんびりする事と思います。

趣味のある方やリタイヤ後の計画を立てている方もおられるでしょう。

長~いお休みを利用して旅行に行かれる計画をしている方もおられるでしょう。

それはそれで羨ましい。 楽しい時間が待っていますよね。

その様な事が出来る人は 生活に『ゆとり』があるからできる事ですよね。

『ゆとり』=『お金』 ですね。

それが無い人はどうすればよいの?

そうです。 また労働先を探すのです。

身体が動く限り! 本当に大変な時代になってしまいました。

そこで私が今からしている事をお知らせしますね。


今回は 私がこれからの生活の為に準備している事のひとつのお話です。

例えば10万円を稼ぐのに働く事を選択したとします。

私の場合 年齢的に雇ってもらえるとしたら 掃除関係・加工関係・野菜の選別(北海道なので)等となるでしょう。

働きに出た場合 身だしなみも気をつけなければなりません。お昼のお弁当代もかかります。(手作りでも) 他の方とコミニケーションをとるためにおやつも必要かもしれません。お化粧もばっちりしないとならないから 化粧品代も必要となります。交際費もかかりますね。車通勤ならガソリン代もかかります。交通費が出たとしても満額ではありませんから・・・

何が言いたいかと申しますと お外で働くと経費がかかるのです。

また心理的に働いているという事で少し気持ちが大きくなって 財布の紐も緩むかも知れません。

10万円を稼ぎに出たつもりが 結果7万円しか利益は出なかった事となります。

せっかく働きに出たのにこれでは自分の負担を増やすだけだ。
常に気楽で気ままで居たいずぼらな私が出した答えはこれです。

私は家庭菜園をすることとしたのです。

市内で畑を借りるとなれば数万円かかりますが 夫実家には畑がありますからね。農地貸借契約条件からしても1反(約991平方メートル)3千円との事でしたのでハウス1棟分を借りました。実際は0円ですが・・・。

始める際の初期費用はもちろん掛かりますが 一度そろえてしまえば年間にかかる経費はさほどではありません。

今年初めての挑戦でしたが あいにくの天候であまり作物の生育はよくありませんでした。

それでも市場の野菜が高騰でしたので まる美作の野菜達は大変諜報致しました。家計の野菜費は月5千円程度かかっていましたが⇒千円程となりました。つくれないキノコ類のお値段ですね。

沢山の野菜は漬物や冷凍保存しました。

おかげで漬物代は0円。(今まで月に2~3千円かかっていた。)今でも野菜は千円未満ですね。

月の食費は5万台⇒2万台へ減らす事が出来ました。

野菜作りの最大のメリットは 『安全』ですね。

農薬は最初と成長過程での状況で使いますが ごく微量です。なので野菜たちが柔らかくとても甘いのです。

家族にも知人にも喜ばれ心にも身体にも張りができます。

失敗した事は経験ととらえ来年また挑戦しよう!
来年はこの野菜にも挑戦してみよう!などと楽しみも増えます。

何より自然の中で身体を動かす事がとても心地よいのです。

金額的には勤めに出てもらう賃金の方が経費を差し引いても多いとは思いますが お金に換算できない充実感や満足感を味わう事が出来ますよ♪

シニアライフ・今後の生活の選択肢の一つとしていかがですか?。

 

☆ プチ節約 ☆

今回はお肉の話です。題材は『鶏肉』です。

お買い物してきたら すぐに下処理に取りかかります。
鶏肉一口大に切ります。
一つかみ程度の量をラップで包みます。
一枚の鶏肉で5~6個程度ですね。
それをジップロックに保存して冷凍します。
オムライスやスープ 親子丼にグラタン 愛犬のごはんのトッピング
一つを取り出し解凍すれば すぐお料理に使えますよ♪♪♪

 

 

 

 

 

シニアライフ・心豊かに過ごすために今からしておくべき事とは?

こんにちは まる美です。

あなたは何年後か 何十年後かの自分の未来の姿想像できますか?

私思うんですが この世の中に 平等 という事はほとんどありませんよね

人それぞれ容姿も違えば生活環境も違う。思想も違えば 知能も違う。お金持ちの人もいれば貧乏な人もいる。数え上げれば限がありません。

比べてもまた限がありません。

平等なんてあり得ない!!!

しかし 『時間』と『年齢』だけは どんな人にも等しく訪れますよね。

そうなんです。今0歳の生まれたての子も 10代のピチピチの若者もいずれ必ず老後を迎えることとなるのです。

そこで 今回は今すぐにでも出来る! また準備しておくべき事をお知らせ致します。

宜しければ 参考にして頂ければ・・・幸いです。

未来の姿

私たちの生活は 『お金』無しでは全く成り立ちません。

何をするにも 極端な話空気を吸うにもお金が発生します。 と言うのは冗談ですが 生きていくうえで非常に大切なものであります。

『お金』を稼ぐためには『対価』としての『労働』が必要です。

しかし 『健康』を損なってしまったら・・・

そうです! 『労働』働く事が出来なくなります。

働けなければ『賃金』は発生しません。

大手企業であれば 福利厚生がしっかりしていますので 今すぐ『無賃金』 となる事は無いでしょうが パート勤務やアルバイト 派遣社員や日雇い労働となるとどうでしょう?

すぐ 生活に響いてしまうのではないでしょうか?

なので 『健康』は『お金』以上に重視すべき事なのです。

市町村で執り行っている検診であったり 補助制度を利用するとか 生命保険であったりを 今一度検討・利用する事も必要なのではないでしょうか?

 

現在の家計状況

プロフィールでも少しお話しましたが 私はまず 家計状況の見直しをしました。

一応『家計簿』なる物もつけておりましたが ただのレシートの転記ですね。

日々のお金の出し入りを記入していたにすぎませんでした。

なので『お金』はさっぱり貯まりません!

そうですよね 出ていくお金は必要であり必然であり仕方のない事! という考えの基で生活していたのですから・・・

そうです。

この考え方が間違いだったのです。

その事に気づき 私が行った事は『固定費』の書きだしと集計をしました。

これを 『1年表』 にしてみました。 縦横計算をしてみると 結構なお値段! そこで必要なものと必要でないものの『検討』を始めました。

次に『食費』の見直しをしました。 とりあえず一週間 本当に必要なものだけを買いました。

すると・・・ あれ? あんまり『お金』かかってませんけど・・・???

そうです! 私『必要でないもの』 常に買ってたんです!

ここに気づくと 後は『継続』ですね。

1ヶ月後 食費の集計をとると 何と・・・!

7万円台⇒5万きりました!!! ^^

あぁ~ もっと早くに気づいていれば・・・

その様な訳で 早めの家計費の見直しをお勧めします。

年金収入以外の収入

私はまだ 年金受給者ではありませんが 数年後には年金受給者となります。

これから先の年金は 受給年齢も見直され 雇用年齢も引き延ばされます。

生存寿命も延びていて 昨今 100歳保険なるものまで用意されております。

65歳から年金を受給したとして 仮に100歳まで受給したとして・・・35年間

サラリーマンだった方の平均年金受給月額が15万円台と言われておりますので 毎月の生活費は10万~12万ほどで生活していかなければ余剰金はできません。

この年金額で生活を営むとなると・・・ かなり厳しい!

住宅ローンも無く その他の借り入れも全くなかったとしても 衣・食・住(水道光熱費) 車があればガソリン代 借家であれば賃貸料も発生してきます。

生きていくうえでの必要最低限を維持するだけでも厳しいのではないでしょうか?

仮に生活を切り詰めるために 新聞の購読もやめ 年齢とともに高くなる保険もやめたとします。

車の保険を払うのも厳しい。 車の保険も解約しようか? 無保険で車に乗って事故を起こしてしまっては補償ができない・・・では免許も早めに返上しようか?等となったとします。

都会の便利な暮らしならともかく 田舎で車が無いのは非常に不便!

公共機関も田舎になればなるほど不便です。

そんな我慢ばかりの生活を35年も・・・

想像するだけで気が遠くなります。

有り余るほどの預金でもあればよいのでしょうが (老後預金は3000万から7000万必要と言われています。) 我が家では無理ですね。^^

自営業なので 企業からの退職金もありませんし 年齢的に何時までも健康とも思えません。

そこで 今 まだ余力のあるうちに出来る事をと思い立ちインターネットの勉強も始めました。

趣味も生かせる可能性もありますからね。^^

どんな事でもかまわないと思いますが 年金受給年齢になっても年金に頼らない収入方法を準備しておくことをお勧め致します。